PARA☆DO! ~その先の自分(ヒーロー)へ~

毎週水曜 よる10時54分 放送

NEXT OA

3月29日(水)

よる10時39分

木村敬一選手(水泳)

木村敬一選手

(水泳)

木村選手は、先天的な疾患で2歳の時に全盲になる。水泳を始めたのは小学4年生の時。中学から上京し、筑波大学付属盲学校(現・筑波大学附属視覚特別支援学校)へ進学。研鑽を積んで2008年北京に日本選手団最年少の高校3年生、17歳出場。開会式旗手を務めた2012年ロンドンで初めてメダルを獲得。そして、2016年リオ大会では4つのメダルを獲得し、日本パラ水泳界のエースと呼ばれるようになった。東京パラリンピックでの金メダルが期待される木村選手だが…実は、彼は今、東京大会に出場するかで悩んでいる。自国開催での東京パラで金メダルはもちろん目標にしたいが、リオで感じた重圧と再び対峙する準備がまだできないというのだ。私たちには想像できないメダリストの重責…。そんな苦悩とは関係なく、メダリストとして多忙な日々が続く。この日訪れたのは、東京にある中野区立多田小学校での講演会。壇上に立ち、アスリートとしての経験や障がいについて話す。子供たちから多くの質問が飛んだ。その中の一つ「70階立てのビルで30階に行きたい時、どうするんですか?」木村選手は、持ち前のユーモアで笑いを交えながら子供たちに答える。「エレベーターに点字もなく、聞く人もいなければ、適当にボタンを押してみる。上がりすぎたら下がるし、下がりすぎたらまた上がる(笑)」木村選手の強みの一つがこの明るい性格と物怖じしない度胸なのかもしれない。今は行き着く先がわからなくても、彼ならきっと、自分の目指すべき道を切り拓いていくのではないだろうか。

木村敬一(キムラケイイチ)
1990年9月11日生まれ 26歳 滋賀県出身 東京ガス所属
高校3年生で初めて出場した2008年北京パラリンピックでは5種目に出場し、100m平泳ぎと100m自由形で5位、100mバタフライで6位に入賞し、2012年のロンドンパラリンピックでは、100m平泳ぎで銀メダル、100mバタフライで銅メダルと念願のメダルを獲得。2014年の仁川アジアパラリンピックでは見事4冠を達成した。そして、2016年リオパラリンピックで、50m自由形と100mバタフライで銀メダル、100m自由形と100m平泳ぎで銅メダルの4日連続で4個のメダルを獲得するという快挙を成し遂げた。

INTRODUCTION

2020東京パラリンピックに向けて、パラスポーツの魅力を伝えていきたい!
年齢、性別、障がいの有無に関係なく、
戦うフィールドにいるのは一人のアスリート、そして一人の人間。
この先の未来へ、彼らが挑み続ける理由、
そして思い描くその先にある自分(ヒーロー)とは?
目指すべき輝く共生社会の実現に向け、
我々一人一人の心のバリアフリーのために、この番組をお届けいたします。
PARA☆DO!