奇跡体験!アンビリバボー ストーリーテラー ビートたけし ビートたけしが案内役となって、世界中の希望あふれる幸福な奇跡、世の中の常識や科学では解明できない超常現象、そして思わずぞっとする怪奇現象などアンビリバボーな話をお送りしています。
次回オンエア10月25日(木) 19:57〜21:00

才色兼備の双子姉妹に起きたアンビリバボーな事件!?

1992年アメリカ。双子の姉妹、サニーとジーナは12歳の時シングルマザーの母と韓国からアメリカに移住。英語が出来ず差別されながらも互いに励まし合い、やがて2人はアメリカに住む叔父に助けを求めた。その後、無事に高校へ進学し成績優秀だった姉妹はともに大学進学を希望していたが、それには多額の学費がかかる。妹ジーナは、姉サニーに大学進学を勧め、自らは空軍に入隊。
それから4年後の1996年、姉は会社の受付で働いていた。実は大学をやめていたのだった。それを叔父には言えず、仕送りだけは貰い生活していた。そんな時、妹が一緒に住みたいとやってきた。実は妹も空軍を辞めていたのだ。一緒に暮らし始めた2人だが、間もなく妹は姉に多額の仕送りが届いている事を知る。しかもそこには2人で使うようにと書かれていた。これを機に、妹は溜まりに溜まった姉への怒りを爆発させるのである。この後、アンビリバボーな結末が!!

孤独な者同士の老人と鳥が起こした奇跡の物語とは!?

クロアチア東部の村、ブロドスキーバロシュ。ここである不思議な家族が話題となり多くの国民が注目していた。スティエパンさん(71歳)と、一羽のメスのコウノトリだった。物語は今から25年前の1993年、スティエパンさんは、妻と3人の息子と暮らしていた。そんなある日、スティエパンさんは誤って銃で撃たれたコウノトリを見つける。コウノトリは毎年3月になると、13000キロ離れた南アフリカからクロアチアに飛来、半年ほど生活して、再び南アフリカへと帰っていく渡り鳥。この怪我ではもう群れに戻ることは出来ない、そう考えたスティエパンさんは、自宅で保護することを決意する。そんな中、最愛の妻が病死。さらに、息子たちも独立。こうして飛べないコウノトリと孤独な老人の奇妙な生活が始まった。この出来事こそがアンビリバボーな奇跡を起こす!

内容・放送時間は変更になる場合があります。

10月18日オンエア
10月11日オンエア
夢を諦めない男たちの人生 究極の決断SP
9月20日オンエア
絶体絶命! まさかの大逆転SP
9月13日オンエア
情報募集
番組では視聴者のみなさまから情報を募集しております。
こちらの応募フォームから送信してください。
郵送の方は 〒119-0188 フジテレビ「奇跡体験!アンビリバボー」係 までお送りください。
※送付頂いた手紙・作品などは、返却できません。 ご了承ください。