ナースのお仕事4

第10回 2002年9月3日(火)放送 あらすじ

#10 ラブラブ大ピンチ

 その朝、ナースステーションは、ひろみ(安達祐実)が新車を購入したとの話題でひとしきり盛り上がっていた。メガネをコンタクトにしたり車を買ったりと、最近のひろみの変貌ぶりは目を見張るものがある。実はその裏には健太郎(藤木直人)への真剣な思いがあるとも知らず、今日もいずみ(観月ありさ)は、大部屋の皆から健太郎とのことを冷やかされたりしてとってもご機嫌だ。そんな中、健太郎が発熱して倒れてしまった。
 翌日も熱は引かずオペを担当するはずだった宮本(中丸新将)のことも、永島(益岡徹)に任せることになった。「この忙しい時に!」といずみの前でわざと嫌味を言う浜野(石原良純)。だが、そんな浜野に対し、いずみ以上に不満をあらわにするひろみ。翔子(松下由樹)は、そんなひろみを見ていて、「あれは結構マジだよ・・・何とかしないと」と呑気ないずみに忠告するのだった。
 その夜、いずみは健太郎からの頼みもあり、夜勤につくことになった。健太郎は担当医としてオペ後の宮本を心配し、今夜はいずみにいてほしいといってきたのだ。これを聞いたひろみは一人、健太郎の看病のため自宅へ向かった。突然のことに驚きながらも健太郎は、食事を作るというひろみを迎え入れた。だが、そのまま寝入ってしまったひろみは、早朝帰ってきたいずみと鉢合わせてしまうのだった。
 ひろみがいずみの居ぬ間に健太郎の看病をしていたことは、瞬く間に病棟の噂になった。でも、ひろみは一向に悪びれる様子もなく「結婚してるからってそんなに偉いんですか?」といずみに宣戦布告ともとれる発言を。もちろんこの件を巡り、いずみと健太郎の間も気まずくなり、さらに二人の仲を決定的に打ち砕く事件が起こった。昨夜容体が急変した宮本に対する処置にミスが発生、危うく命を落とすところだったのだ。立ち会ったいずみにミスはなかったか!!とつめよる健太郎に、いずみは「なかった」というが、なかなか信用してもらえない。だがこの後、今朝見たとき異常はなかったというひろみの言葉を、健太郎は意図もあっさりと信じたのだ。いずみは、健太郎に対する信頼をすっかり無くしてしまうのだった。

キャスト

朝倉 いずみ      観月ありさ
尾崎 翔子       松下 由樹
高杉 健太郎      藤木 直人
河合 ひろみ      安達 祐実
浜野 雄一       石原 良純
工藤 幸子       ふせ えり
堀内 良恵       宮田 早苗
金田 由香       須之内美帆子
高杉 美鈴       秋川 リサ
大島 冴子       伊藤かずえ
永島 淳平       益岡 徹
根本 雅子       吉行 和子

ほか

スタッフ

脚本
  橋部 敦子
  金子 ありさ
音楽
  鴨宮 諒
プロデュース
  大賀 文子
  両沢 和幸
  多治見 薫
演出
  平井 秀樹
  両沢 和幸
制作
  フジテレビ

オススメ番組