フジテレビのCSR活動

2018年度活動報告

2018年度活動報告TOP
TOPICS
社会のために
環境のために
復興支援
番組との連動
TOP2018年度 社会のためにトピックス30周年を迎えた「高松宮殿下記念世界文化賞」
社会のためにトピックス

30周年を迎えた「高松宮殿下記念世界文化賞」

[2018年12月4日更新分]

文化芸術の優れた創造者たちを顕彰する「高松宮殿下記念世界文化賞」(主催:公益財団法人日本美術協会=総裁・常陸宮殿下)の授賞式が10月23日、常陸宮同妃両殿下ご臨席のもと、東京都港区の明治記念館で行われました。

第30回 高松宮殿下記念世界文化賞(2018年) 受賞者

  絵画部門
彫刻部門
建築部門
音楽部門
演劇・映像部門
ピエール・アレシンスキー(ベルギー/フランス)
中谷芙二子(日本)
クリスチャン・ド・ポルザンパルク(フランス)
リッカルド・ムーティ(イタリア)
カトリーヌ・ドヌーヴ(フランス)

今年の受賞者として中谷芙二子(彫刻)、クリスチャン・ド・ポルザンパルク氏(建築)、リッカルド・ムーティ氏(音楽)、カトリーヌ・ドヌーヴ氏(演劇・映像)、そして来日できなかったピエール・アレシンスキー氏(絵画)の代理としてミッシェル・ドラゲ氏(ベルギー王立美術館館長)が出席し、常陸宮殿下が受賞者たちに顕彰メダルを授与しました。

演劇・映像部門の受賞者
カトリーヌ・ドヌーヴさん
安倍首相からのビデオメッセージ

式典の後に行われたレセプションには、受賞者と親交のある文化人、政財界人ら300人がお祝いに駆けつけ、華やかな雰囲気に包まれました。

世界文化賞は今年で30年の節目を迎え、歴代受賞者はこれで30か国、154人となりました。

世界文化賞

Copyright © Fuji Television Network, Inc. All rights reserved.