鬼嫁日記

第4回 2005年11月1日(火)放送 あらすじ

#4 カロリー消費地獄

 一馬(ゴリ)の健康診断の結果に早苗(観月ありさ)の表情が変わった。病気は無いが、体脂肪などすべて標準値オーバー。毎日栄養バランスを考えて料理を作っているつもりの早苗としては大いにプライドを傷つけられた。またもや「決定しました!」と宣言すると、一馬にカロリー控えめの食事、そして間食とお酒の厳禁を命じた。翌日から一馬は昼食代を3百円に減らされ、メニューも携帯メールでチェックされた。疲れきった一馬が空腹かかえて帰宅すると亮介(小池徹平)がいろいろな計測器をそろえて待っていて、一馬はいきなり体重と体脂肪を計測させられると、有無をいわさず「脂肪を燃焼させるには有酸素運動が必要なんです」とエクササイズマシンに乗せられた。少しでもサボろうとすると、容赦なく早苗の「せっかく買ったんだから、ちゃんと元取るのよ!」と叱咤の声が飛んでくる。たまらず一馬が「自分はどうなんだよ」と早苗にも体脂肪を計らせたが、毎日スポーツジムで汗を流しているから標準値。早苗は勝ち誇ったように「文句言わずにカロリー消費しなさい!」と一馬の尻を叩いた。
 一馬は職場でも間食しないように心がけていたが、夜の接待の同席を命じられ、目の前に並んだのはカロリーの高そうな天ぷら。一馬はなんとか理由をつけて逃れようとしたが、接待相手ににらまれてビールを一気飲み。ヤケになって天ぷらも腹いっぱい食べて帰宅したら、パジャマ姿の早苗が「飲んで来たのね」とすごい形相で迎えた。そして「決定しました! これから毎日飲んでもらいます」と差し出されたのはコーヒーキノコの瓶。このダイエット効果があるという飲み物、元をたどればスナックの京子ママ(国分佐智子)が出所で、そのハンパじゃないまずさは達也(東幹久)も健児(永井大)も冴子(滝沢沙織)も既に体験済み。そのウワサは一馬の耳にも届いていたから、早苗が先に寝室へ引き下がると、こっそり流しに捨て、代わりにアイスコーヒーにエリンギを入れてすり替えた。これでバレるはずはなかったのだが──。

キャスト

山崎早苗 … 観月ありさ
山崎一馬 … ゴリ(ガレッジセール)

大沢健児 … 永井 大
大沢冴子 … 滝沢沙織

村井達也 … 東 幹久
村井あゆみ … 井上和香

沢村亮介 … 小池徹平

田代康子 … 木内みどり
田代伸介 … 田山涼成

山崎まどか … 遠藤由実
立花京子 … 国分佐智子
中川由紀 … 加賀美早紀
吉岡里美 … 西丸優子

スタッフ

■原作
 カズマ『実録鬼嫁日記』(アメーバブックス刊)

■脚本
 尾崎将也

■演出
 塚本連平

■プロデューサー
 安藤和久(関西テレビ)
 東城祐司(MMJ)
 布施 等(MMJ)

■音楽
 仲西 匡

■制作
 関西テレビ

オススメ番組