ハチミツとクローバー

第2回 2008年1月15日(火)放送 あらすじ

福引であてた海と涙とキス

 はぐみ(成海璃子)が浜田山美術大学に入学して1週間が過ぎた。
 花本修司(村上淳)は、竹本に、はぐみの買い物につき合ってあげてほしいと頼む。つかの間のデート気分で浮かれる竹本。帰り道、ふたりはゲームセンターに立ち寄ることに。竹本は、クレーンゲームに挑戦し、はぐみが気に入ったというアクセサリーを取ろうとした。しかし、全財産を叩いてゲットしたのは、おもちゃの指輪だけだった。
 一方、森田忍(成宮寛貴)は花本の研究室にいた。森田は、商店街で行われている福引きの抽選券の贋作作りをしていた。この福引きは、毎年、大五郎(泉谷しげる)と森田の因縁の対決の場なのだ。山田あゆみ(原田夏希)の父で、商店街の自治会長でもある大五郎は、そんな森田の行動を見越して、精巧な抽選券を作り上げていた。何としても本物の券の完成度に迫ろうと必死になる森田と、それを止めようとするあゆみ。ふたりがもみ合っていると、書類が山積みにされた花本のデスクから写真立てが落ちた。そこには、花本と原田理花(瀬戸朝香)が見知らぬ男性と一緒にいる写真が入っていた。真山巧(向井理)が理花に恋していることを知るあゆみは、複雑な思いでその写真を見つめていた。
 同じころ、真山は、理花のデザイン事務所にいた。真山が理花の事務所でアルバイトをするのはこの日が最後だった。真山は、給料はいらないから明日からも働かせてほしい、と理花に訴えるが…。
 理花の事務所を後にした真山は、藤原デザイン事務所まで届け物を渡しにいく。そこで真山は、勅使河原美和子(滝沢沙織)に、うちで働かないかと誘われる。しかし、真山の先輩でもある野宮匠(柏原崇)は、理花のそばにいたいだけの人間は戦力にならない、と言い放つ—。

キャスト

花本はぐみ … 成海璃子
竹本祐太 … 生田斗真
山田あゆみ … 原田夏希
真山 巧 … 向井 理

森田 忍 … 成宮寛貴
      ○
勅使河原美和子 … 滝沢沙織
ローマイヤ先輩 … 木村祐一
庄田教授 … 松重 豊
寺登泰彦 … 前川泰之
      ○
野宮 匠 … 柏原 崇
山田大五郎 … 泉谷しげる(友情出演)
      ○
花本修司 … 村上 淳
原田理花 … 瀬戸朝香

スタッフ

■原作
 羽海野チカ

■脚本
 金子茂樹

■プロデュース
 瀧山麻土香
 鹿内 植

■演出
 谷村政樹
 松山博昭

■制作
 フジテレビドラマ制作センター

■制作著作
 フジテレビ

オススメ番組