GTO(2014年)

第1回 2014年7月8日(火)放送 あらすじ

新舞台は鬼塚英吉の母校!問題児にグレート授業だ!美容整形をバラされた女子高生に母の後悔

高校教師の鬼塚英吉(AKIRA)は、明修学苑の傘下に入った地元・湘南の母校に赴任。職員として学校に残るかつての担任教師・富士宮司(小野武彦)に再会し、母校を懐かしむ鬼塚に、理事長の桜井良子(黒木瞳)は大いに暴れて欲しいと頼む。しかし、その言葉には何か含みがあるようで…。
鬼塚は、藤川ほなみ(比嘉愛未)が担任を務める2年A組の副担任に。学級委員の葛木隆一(菊池風磨)や志条あゆな(松岡茉優)をはじめ、一見にぎやかなクラスだが、不登校の宮地めいり(三吉彩花)のことになると空気が変わり…。放課後、鬼塚は読者モデルをしている女子生徒・波多野麻理子(松浦雅)が、トイレでのどに指を突っ込んで昼食を吐いているのを目撃する。
その夜、親友の弾間龍二(城田優)が湘南で始めたカフェに鬼塚が向かうと、冴島俊行(山本裕典)が「彼女ができた」と大喜びで麻理子を連れてくる。しかし鬼塚を見て逃げ出した麻理子は別の男とラブホテルへ。読者モデルの人気投票イベントで何としても勝ちたい麻理子は、ライバルを蹴落とす捏造写真をでっちあげようとしていたのだが、追ってきた鬼塚に踏み込まれて再び逃げ出す。
翌朝、校内は騒然としていた。ラブホテルから出てきた鬼塚と麻理子の写真が匿名でばらまかれたのだ!芹澤航平(竜星涼)や成瀬つぐみ(小芝風花)など、クラスも騒然。明修学園から副校長として赴任してきた内山田ひろし(田山涼成)は鬼塚にクビを宣告。麻理子も鬼塚との仲を疑われ…。

スタッフ

【原作・構成協力】
藤沢とおる「GTO」「GTO SHONAN 14DAYS」(講談社刊)

【脚本】
山岡潤平 ほか

【監督・編集】
飯塚健

【演出】
白木啓一郎(関西テレビ)
大塚徹

【プロデューサー】
河西秀幸(関西テレビ)
山本喜彦(MMJ)

【音楽】
羽岡佳
海田庄吾

【制作】
関西テレビ
MMJ

オススメ番組