37歳で医者になった僕~研修医純情物語~

第9回 2012年6月5日(火)放送 あらすじ

医者も一人の弱い人間という現実

佐伯教授(松平健)の高校時代の恩師である伊達(竜雷太)が亡くなった。
新しく准教授となった中島(鈴木浩介)のお披露目勉強会に出席していた佐伯は、伊達が亡くなった知らせを受けるが、意に介さず勉強会という名の酒宴を続ける。
祐太(草なぎ剛)は「佐伯の医療ミス」という疑念を持ち、瑞希(水川あさみ)に相談するが、「これ以上この問題に首を突っ込まないように!」と釘をさされる。
佐伯教授の医学部長選挙を間近に控え、中島を先頭に伊達に関する情報にかん口令が敷かれる東央医科大学内科病棟。しかし、研修医たちを中心に動揺が走っていた。伊達の担当医であった下田(八乙女光)は、責任の重さに押しつぶされそうになっていた。そして、伊達のお通夜に向かう。
一方、伊達の「死」に心ここにあらずの祐太は、一緒に暮らし始めたすず(ミムラ)の体調まで目が行き届かない。
そんな折、すずが東央医科大学病院に緊急入院することとなり、祐太は…。

スタッフ

【原作】
川渕圭一
「研修医純情物語~先生と呼ばないで」
「ふり返るなドクター~研修医純情物語」
(幻冬舎文庫)

【脚本】
古家和尚

【プロデュース】
木村淳

【演出】
三宅喜重

【音楽】
菅野祐悟

オススメ番組