37歳で医者になった僕~研修医純情物語~

第4回 2012年5月1日(火)放送 あらすじ

医者として僕はそこに線を引く

木島(甲本雅裕)が亡くなったショックから立ち直れない祐太(草なぎ剛)は、仕事中もどこか上の空で、元気がなく、心配するすず(ミムラ)や直美(真飛聖)からの言葉も素直に聞くことができない。

ある日、数年前に引退した大女優・羽山早苗(江波杏子)が内科に入院し、祐太が担当になった。早苗は肝臓がんの手術のために外科に入院していたが、すでに治療ができない末期の状態で、ホスピスに移るまでの間、内科で預かることになったという。祐太は見舞いに来た家族に病状を説明しようとするが、家族は話を聞こうとせず、病気のことは本人に話して欲しいと告げて逃げるように帰ってしまった。家族の対応に違和感を覚える祐太。

同じ頃、内科に吉野香織(岡野真也)という大学生の患者が入院し、下田(八乙女光)が担当になった。香織は就職の内定を取り消されたうえに恋人に振られて自殺を図り、一命は取り留めたが、その後の検査で腎臓疾患の疑いがあるという。そこで内科に移されてきたのだが、香織は治療を拒否。院内で再び自殺を図りかねない精神状態だが、家族は体調不良のため引き取りにも来られず、下田は香織の扱いに困り果てていた。治療を勧めても耳を貸そうとしない香織に対して下田は、思わず「世の中には一生ものの怪我や病気を抱えている人もいるのに、仕事とか彼氏とかそんなことで命を粗末にするのは理解できない」ときつい言葉を投げかけてしまう。

その直後、香織が病室から姿を消した。研修医たちは必死に香織を探す。その頃、病室を抜け出してトイレでタバコを吸っていた早苗は、うつろな表情の香織と鉢合わせする。

スタッフ

【原作】
川渕圭一
「研修医純情物語~先生と呼ばないで」
「ふり返るなドクター~研修医純情物語」
(幻冬舎文庫)

【脚本】
古家和尚

【プロデュース】
木村淳

【演出】
三宅喜重

【音楽】
菅野祐悟

オススメ番組