37歳で医者になった僕~研修医純情物語~

第11回 2012年6月19日(火)放送 あらすじ

僕が医者を続けるただ一つの理由

7年ぶりに声を取り戻したすず(ミムラ)の容態が急変し、そのまま危篤状態に陥る。祐太(草なぎ剛)は意識の戻らないすずに付き添いながら、「患者さんが待っていますから」と周囲の反対を押して通常通りの勤務に就く。
一方、佐伯(松平健)は、伊達(竜雷太)の死を巡る医療訴訟問題を力づくで示談にまとめ、晴れて医学部長に就任。そんな折、下田(八乙女光)がカンファレンスの席で、由美恵(田島令子)から託された手紙を佐伯に渡そうとする。
それは、佐伯が若かりし頃、伊達に送った手紙だった。だが、佐伯は下田の行動に激昂し、その場で手紙を破り捨ててしまう。祐太と下田に絶望が広がったそのとき、突然、佐伯が腹部を押さえて倒れ…。

スタッフ

【原作】
川渕圭一
「研修医純情物語~先生と呼ばないで」
「ふり返るなドクター~研修医純情物語」
(幻冬舎文庫)

【脚本】
古家和尚

【プロデュース】
木村淳

【演出】
三宅喜重

【音楽】
菅野祐悟

オススメ番組