37歳で医者になった僕~研修医純情物語~

第7回 2012年5月22日(火)放送 あらすじ

医者としてでなく人として僕は…

突然、祐太(草なぎ剛)のアパートを訪ねてきたすず(ミムラ)は、久しぶりにゆっくり話がしたいと部屋に泊まることに。瑞希(水川あさみ)は2人の様子が気になって仕方がない。深夜、隣で眠る祐太の寝顔を見つめていたすずは、祐太の名前を呼ぼうと口を動かすが、やはり声は出せず、悲しげな表情を浮かべる。
翌朝、児童館に出勤し、体調悪化のため再び休職することを職員に伝えるすず。アルバイトの契約が切れる林田(阿部力)も児童館を辞め、気ままなひとり旅をするため海外に行くという。林田は、すずを病院に運んだときに祐太から名刺を渡され、また体調を崩すようなことがあればすぐに連絡をもらいたいと頼まれたことを明かす。そんな祐太の行動を知ったすずは複雑な思いにとらわれる。
一方、東央医大病院では、学部長選を目前に控えた佐伯(松平健)が、内科の利益が落ちていることに焦りを覚えていた。このところ入院患者の在院日数が伸びてベッドが空かず、新規の患者を受け入れられないことが原因だった。佐伯は、祐太の影響で患者と親しく話をするようになった研修医たちを問題視。治療にかかる時間を長引かせる原因と考え、患者との交流を控えるよう釘を刺す。
そんな中、祐太は、林田から障害を抱える者と健常者の間には越えられない線があると告げられ、祐太もそれを自覚しなければ、すずを苦しめることになると言われる。

スタッフ

【原作】
川渕圭一
「研修医純情物語~先生と呼ばないで」
「ふり返るなドクター~研修医純情物語」
(幻冬舎文庫)

【脚本】
古家和尚

【プロデュース】
木村淳

【演出】
三宅喜重

【音楽】
菅野祐悟

オススメ番組