37歳で医者になった僕~研修医純情物語~

第5回 2012年5月8日(火)放送 あらすじ

医者から近くて遠い存在

いつものように看護師を伴い、患者の診察を行う研修医たち。薬の処方にはミスがないよう、研修医が指導医の新見(斎藤工)に分量を確認し、看護師に指示することになっていた。そんな中、谷口(桐山漣)は新見から誤った処方量を伝えられるが、「確認したんだから間違いない」とそのまま看護師の寛子(藤本泉)に指示してしまう。
不審に思った直美(真飛聖)が中島(鈴木浩介)に確認したことから処方ミスは免れたが、新見は間違えた覚えはないと言い張り、谷口も正しい分量を寛子に指示したと嘘をついて責任逃れをする。結局、寛子が指示を聞き間違えたことにされ、ミスをなすりつけられてしまった。
この一件で直美と谷口は険悪なムードに。看護師がミスを押しつけられることは日常茶飯事だと祐太(草なぎ剛)に話し、医師への不信感を露わにする直美。さらに、看護師は医師よりも患者の状態に神経を尖らせていると言い、祐太の担当患者にマイコプラズマ肺炎の兆候があると教える。
そんな折、直美の娘・葵(大出菜々子)が病院に現れた。直美は5年前、有名医師の夫と離婚。葵は父親に引き取られていたが、再婚を決めた父親に反発して家出してきたらしい。職場に転がり込んできた娘に困り果てた直美は、研修医のいる医師控え室に預けることに。下田や谷口は迷惑顔。瑞希(水川あさみ)はまだ11歳ながら大人のように冷めたことを言う小生意気な葵にあ然とするばかりだ。
一方、祐太は直美が異変に気づいた患者の再検査を新見に申し入れる。新見は「ナースが言ったことなんて」と突っぱねるが、森下(田辺誠一)が聞きつけて再検査を実施。その結果、患者は直美の読み通り、初期のマイコプラズマ肺炎と判明した。
看護師と連携して治療を進める重要性を痛感した祐太は、直美に頼み込み、一緒にカンファレンスに出席し、佐伯教授(松平健)にある提案をするのだが…。その結果で直美と祐太の間にも深い溝が生まれてしまうことになる。

スタッフ

【原作】
川渕圭一
「研修医純情物語~先生と呼ばないで」
「ふり返るなドクター~研修医純情物語」
(幻冬舎文庫)

【脚本】
古家和尚

【プロデュース】
木村淳

【演出】
三宅喜重

【音楽】
菅野祐悟

オススメ番組