37歳で医者になった僕~研修医純情物語~

第1回 2012年4月10日(火)放送 あらすじ

僕は自分をやり直す為に医者になった

東央医科大学病院に新しい研修医がやって来る日、総合内科病棟に白衣をまとった紺野祐太(草なぎ剛)の姿があった。研修医の沢村瑞希(水川あさみ)、下田健太郎(八乙女光)、谷口篤志(桐山漣)は先輩の医師だと思って挨拶するが、同じ研修医だと自己紹介されて驚く。さらに、年齢を聞いて呆気にとられる瑞希たち。祐太は37歳だった。

祐太は大手食品メーカーに勤めていた元サラリーマン。ある出来事をきっかけに30歳で会社を辞めて医学部に入り、37歳でようやく研修医になったが、瑞希ら若い研修医たちの中では明らかに目立つ存在だった。

初日の勤務が始まって早々、祐太は内科トップの佐伯毅彦教授(松平健)、腎臓内科の森下和明准教授(田辺誠一)らが治療方針を話し合うカンファレンスの席で、会議のやり方が効率的でないと意見し、指導医の新見悟(斎藤工)を慌てさせる。

その夜、研修医たちは居酒屋で親睦会を開く。その席になぜか看護師長の相澤直美(真飛聖)が。直美は祐太の高校の同級生で、そのことに気づかない祐太に業を煮やして押しかけてきたのだった。

飲み会を終えてアパートの部屋に戻った祐太は、恋人の葛城すず(ミムラ)に初日を終えたことをメールで報告し、「無理はしないで」というすずの温かい返信に励まされる。

翌日、祐太は担当する患者・多田守(北村総一朗)の妻(岩本多代)から相談を受ける。多田は脳出血の後遺症で口から食事を摂ることが困難になっていた。そのため、チューブで胃に直接栄養を送れるようにする「胃ろう造設」の手術を受けることになりそうだが、それでは普通の食事ができる日を楽しみにリハビリを続けている夫がかわいそうだというのだ。

そんな中、新見は手術を決定。祐太は患者の意見を尊重して回復の見込みをくわしく調べるべきだと主張し、新見を怒らせてしまう。さらに、多田の病室を訪れた佐伯までもが、手術の判断は新見に任せるという。「ちゃんと診察をお願いします!」と思わず声を上げ、佐伯に食ってかかる祐太。医師や看護師たちが凍りつく中、祐太は森下から「後で私のところに来なさい」と呼び出されてしまう。

キャスト

草なぎ剛
水川あさみ
ミムラ
八乙女光(Hey!Say!JUMP)
桐山漣

斎藤工

真飛聖
 /
田辺誠一
 /
松平健

スタッフ

【原作】
川渕圭一
「研修医純情物語~先生と呼ばないで」
「ふり返るなドクター~研修医純情物語」(幻冬舎文庫)

【脚本】
古家和尚

【プロデュース】
木村淳

【演出】
三宅喜重

【音楽】
菅野祐悟

オススメ番組