37歳で医者になった僕~研修医純情物語~

第8回 2012年5月29日(火)放送 あらすじ

医者と患者が向き合うことの意味

祐太(草なぎ剛)からプロポーズを受けたすず(ミムラ)は実家を出て祐太のアパートで一緒に暮らし始める。祐太の食事を作り、かいがいしく世話を焼く生活にすずは充実感を覚えていた。
そんな折、佐伯(松平健)の高校時代の恩師・伊達(竜雷太)が、外来で佐伯の診察を受け、入院することになった。ところが伊達は事あるごとに「佐伯君を呼べ」と言うばかりで、看護師や担当の下田(八乙女光)を罵倒するなどやりたい放題。検査すら拒否する伊達を看護師や下田は“モンスターペイシェント”と呼び、扱いに困り果てていた。
しかし、来月に迫った学部長選挙が一番の関心事である佐伯は、下田らに伊達の対応を押しつけ、自分は病室に顔を出そうともしない。祐太は伊達を訪ね、検査を受けるよう説得するが、伊達はやはり佐伯を呼べと言い張るばかり。さらに、祐太に渡された名刺をゴミ箱に放り込み、自分の教え子には弁護士やマスコミの人間もいると権威をひけらかすと、「もしわしの体に何かあったら、この病院を訴える」と凄んでみせる始末だ。
その頃、祐太と下田は伊達を見舞いに訪れた妻の由美恵(田島令子)に会っていた。由美恵によれば、教え子たちの活躍を何よりも誇り思っている伊達の一番の自慢は、大病院で出世した佐伯。伊達はそんな佐伯の診察を受けるため、東央医大病院の外来を訪ねたのだという。
明くる日、カンファレンスの席で、伊達が検査を拒み続けているせいで治療が遅れていることが問題になる。検査を受けるよう伊達を説得して欲しいと祐太にうながされた佐伯は、ようやく伊達の病室を訪れるが…。

スタッフ

【原作】
川渕圭一
「研修医純情物語~先生と呼ばないで」
「ふり返るなドクター~研修医純情物語」
(幻冬舎文庫)

【脚本】
古家和尚

【プロデュース】
木村淳

【演出】
三宅喜重

【音楽】
菅野祐悟

オススメ番組