恋して悪魔~ヴァンパイア☆ボーイ~

第1回 2009年7月7日(火)放送 あらすじ

禁断の恋の始まり

 街の雑踏に紛れ、太陽の光を避けるようにフードを目深に被って歩く少年がいた。少年の名は黒宮ルカ(中山優馬)。光陽学院高等学校の英語教師・夏川真琴(加藤ローサ)は帰宅途中、雨に打たれながら歩道橋にぼう然と座るルカの姿を目にする。その顔を覗き込み、ある記憶を蘇らせて凍りつく真琴。
 翌日、転校生として光陽学院に現れたルカは、真琴が担任するクラスの生徒となった。ルカの美しい顔立ちに植村ともみ(岡本 玲)ら女子生徒はすっかり魅せられ、ついには学校中の女子がルカを追い回す騒ぎに。その熱狂ぶりとは裏腹に、冷たく周りを突き放し、誰とも打ち解けないルカの態度が半田宏人(中島健人)ら男子生徒にはおもしろくない。一方、真琴は副理事長の藤井雅之(姜 暢雄)に打ち明ける。「そっくりなの。私の初恋の人に…」。
 そんな中、ルカの前にヴァンパイアのカイト(近藤真彦)が現れた。まだ牙の生えていないルカに「運命の女を選べ」と促すカイト…。ルカの正体はヴァンパイアだった。ヴァンパイアは血を吸いたいと思う女性に出会うことで初めて牙が生え、その生き血を吸って永遠の命を得られる。ルカは自分に牙をもたらす“運命の女”を探すため、人間界にやってきたのだ。
 カイトがルカの居候先に用意したのは、中華料理屋を営む新條二朗(伊東四朗)の家だった。カイトの魔力によってルカを親戚の子だと思い込み、温かく迎える二朗と娘の三浦敦子(堀内敬子)。敦子の息子・将太(森本慎太郎)もルカを兄のように慕うが、人間嫌いのルカには疎ましいだけだ。
 騒がしい人間界から離れるため、早く“運命の女”を見つけて血を吸おうと決めたルカは翌朝、通学路で会ったクラスメイトの高木香織(桜庭ななみ)に狙いを定める。だが襲いかかろうとした瞬間、道端のフェンスが崩れ落ち、直撃を受けたルカはケガをして保健室に運び込まれる。手当をしようとする香織を「その気がなくなった。運命の女じゃない」とそっけなく拒むルカ。
 その後も、次々と他の女子生徒を物色するも一向に牙は生えない。しだいに焦りがつのるルカ。しかし、そんな中とうとうルカに異変が起こった!
 “血を吸いたいと思う女”の証であるはずの牙が現れたのは、ルカがもっとも疎ましく思い、全く予想だにしていなかった相手だった…!?

キャスト

黒宮ルカ … 中山優馬
夏川真琴 … 加藤ローサ
藤井雅之 … 姜 暢雄
高木香織 … 桜庭ななみ
三浦将太 … 森本慎太郎
半田宏人 … 中島健人

カイト … 近藤真彦(特別出演)

三浦敦子 … 堀内敬子
藤井咲子 … 高橋ひとみ
新條二朗 … 伊東四朗

スタッフ

■脚本
 小川智子

■脚本協力
 永田優子

■演出
 村上正典

■プロデューサー
 豊福陽子(関西テレビ)
 貸川聡子(共同テレビ)

■音楽
 菅野祐悟

■制作
 関西テレビ
 共同テレビ

オススメ番組