魔女裁判

第8回 2009年6月27日(土)放送 あらすじ

犯人は白!?殴りかかる女

 吉岡徹(生田斗真)は、狂言誘拐をするほど本宮香織(比嘉愛未)を追い詰めていたことを悔やみつつ、それが柏木鏡子(石田ゆり子)の差し金ではないかと疑う。一方、渡部いずみ(加藤あい)の家には海外赴任中だった夫が帰ってきた。夫とは黒川竜一(鈴木亮平)だった。しかし、何も知らないいずみは喜んで迎え入れる。
 部屋に戻ってきた徹が料理をしていると、テーブルに置いていた携帯に着信が入った。相手がいずみだとわかると徹は、バイト先からだと誤魔化して電話をするため表に出ていく。夫の帰宅を告げるいずみに、徹は部屋を荒らした犯人は香織だったことを話し謝る。そして、香織のそばにいてあげたいと裁判員を辞めると言い出した。奥寺梨華(末永遥)や内海信恵(松本じゅん)のこともあり、徹や香織の身の安全を心配するいずみ。徹が戻ってくると、なぜか香織は引き止めるのも聞かずに帰ると部屋を出て行く。
 いずみは夫の黒川にこれまで起こった出来事を報告していた。話を聞いた黒川は買収組織に憤慨するふりをして、自分が守ると預けていた舞(磯野光沙)を迎えに行くと言う。いずみは素直に喜ぶが…。翌日、思いつめた表情の香織が向かった場所は…。

キャスト

吉岡 徹 … 生田斗真
渡部いずみ … 加藤あい
本宮香織 … 比嘉愛未
黒川竜一 … 鈴木亮平

田所秀雄 … 中村靖日
井筒 肇 … 山谷初男
相馬 卓 … 平方元基
根津芳子 … 中村果生莉
進藤亮介 … 渡邉紘平
水島真紀子 … 滝沢沙織

柏木鏡子 … 石田ゆり子

スタッフ

■脚本
 前川洋一

■プロデュース
 関 卓也
 小池秀樹

■演出
 小原一隆

■音楽
 神坂享輔
 MAYUKO
 川嶋可能
 告井孝通(Flagship)

■制作
 フジテレビドラマ制作センター

オススメ番組