魔女裁判

第1回 2009年4月25日(土)放送 あらすじ

ある日僕らは裁判員になった…そして忍び寄る魔の手

 裁判員候補者に選ばれた、自称ストリートデザイナーの吉岡徹(生田斗真)は、質問手続きを受けるため南関東地方裁判所に向かっていた。裁判所前は、マスコミが騒いでいる事件の初公判が始まる日とあって大勢の報道陣でごった返していた。そんな騒ぎを横目に候補者待機室に向かう徹。
 30人ほどの候補者が集まる中、徹は渡部いずみ(加藤あい)の隣りに着席。やがて入ってきた裁判官の北村武彦(野元学二)から、担当するのが東条ホールディングス会長・東条総一郎(早川純一)の殺人事件であることが告げられた。容疑者である被害者の愛人、柏木鏡子(石田ゆり子)が10年前にも夫を亡くして保険金を手にしたことから、世間では“魔女”と呼ばれ注目を集めている事件だけに驚く候補者たち。
 裁判長や裁判官、検事、弁護士により質問手続きが終わると、抽選により裁判員6名、補充裁判員2名が発表される。嬉しそうな人、困惑する人、様々な反応を示す裁判員のなか、日当が手に入るという理由で喜ぶ徹。とある場所では、得体の知れない男・黒川竜一(鈴木亮平)が隠しカメラから送られてくるその一部始終を見て不気味な笑顔を浮かべていた…。
 評議室に移り、裁判の流れの説明を受けた8人はお互いの素性がわからないよう色で呼び合うことになり、徹はオレンジ、いずみはホワイトに決まった。昼食になり、自分が話題の魔女裁判の裁判員になったことを恋人で新聞記者の本宮香織(比嘉愛未)に電話しようとした徹だが、同じ裁判員でブルーと呼ばれる相馬卓(平方元基)に注意される。物知り顔の相馬にムッとしながらも、徹は裁判員になったことに戸惑いを隠せず沈んでいるいずみに明るく声をかける。
 そして裁判が始まった。法廷に入ってきた鏡子の美しさに思わず見とれる徹。鏡子は起訴事実を全面否定、無罪を訴える。検事・大沢陽子(宍戸美和公)による冒頭陳述が行われていると、傍聴席に取材でやってきた香織が入ってきた。顔を見合わせ驚く徹と香織の様子を、鏡子と弁護士・進藤亮介(渡邉紘平)は見逃さなかった。
 裁判が終わり、評議室に戻ってきた6人は裁判長・美濃部学(岸博之)の進行に従い意見を交わしていく。すると、急に部屋の電気が消え火災報知機が鳴り響いた…。

キャスト

吉岡 徹 … 生田斗真
渡部いずみ … 加藤あい
本宮香織 … 比嘉愛未
黒川竜一 … 鈴木亮平
柏木 遥 … 忽那汐里

奥寺梨華 … 末永 遥
田所秀雄 … 中村靖日
井筒 肇 … 山谷初男
相馬 卓 … 平方元基
根津芳子 … 中村果生莉
内海信恵 … 松本じゅん
進藤亮介 … 渡邉紘平
大沢陽子 … 宍戸美和公
水島真紀子 … 滝沢沙織

柏木鏡子 … 石田ゆり子

スタッフ

■脚本
 前川洋一

■プロデュース
 関 卓也
 小池秀樹

■演出
 加藤裕将

■音楽
 神坂享輔
 MAYUKO
 川嶋可能
 告井孝通(FLAGSHIP)

■制作
 フジテレビドラマ制作センター

オススメ番組