魔女裁判

第6回 2009年6月6日(土)放送 あらすじ

魔女自殺の真相

 吉岡徹(生田斗真)の前に姿を現した黒川竜一(鈴木亮平)。有罪に入れればすべての問題は解決すると冷静に告げる黒川に徹は…。一方、自殺未遂以降、昏睡状態が続いていた柏木鏡子(石田ゆり子)が目を覚ました。心配して付き添っていた本宮香織(比嘉愛未)が自殺の理由をたずねると鏡子は裁判で争っているのが虚しく感じたと話す。
 そして黒川の元には、香織が柏木遥(忽那汐里)から聞いた話から東西新聞が東条英彦(浜田晃)を調べているとの情報が届く。
 徹は香織に電話をして大事な話があるから連絡が欲しいと伝言を残すが、その直後に…。
 その頃、いずみ(加藤あい)の元には舞(磯野光沙)を預けている義母・あさ子(児玉美智子)から電話が入った。あさ子は舞に有名私立小学校の受験を勧め、戸惑ういずみを半ば強引に説得する。
 そんな中、裁判所からの呼び出しを受けて裁判員たちが集まった。美濃部裁判長(岸博之)から裁判の再開は鏡子が回復してからになると告げられ、スケジュールの確認をされるが全員が大丈夫だと答え、その場は解散になった。その後、徹は内海信恵(松本じゅん)と奥寺梨華(末永遥)の元をたずねる。

キャスト

吉岡 徹 … 生田斗真
渡部いずみ … 加藤あい
本宮香織 … 比嘉愛未
黒川竜一 … 鈴木亮平
柏木 遥 … 忽那汐里

奥寺梨華 … 末永 遥
田所秀雄 … 中村靖日
井筒 肇 … 山谷初男
相馬 卓 … 平方元基
根津芳子 … 中村果生莉
内海信恵 … 松本じゅん
進藤亮介 … 渡邉紘平
大沢陽子 … 宍戸美和公
水島真紀子 … 滝沢沙織

柏木鏡子 … 石田ゆり子

スタッフ

■脚本
 前川洋一

■プロデュース
 関 卓也
 小池秀樹

■演出
 稲葉正宏

■音楽
 神坂享輔
 MAYUKO
 川嶋可能
 告井孝通(Flagship)

■制作
 フジテレビドラマ制作センター

オススメ番組