不信のとき~ウーマン・ウォーズ~

第3回 2006年7月20日(木)放送 あらすじ

妻と夫のダブル不倫

 浅井道子(米倉涼子)は沖中和子(杉田かおる)から誘われた隣駅のレストランに向かう途中、夫の浅井義雄(石黒賢)の姿を見つける。間違えて一駅前で電車を降りてしまったと言い訳する義雄だが、実は愛人である野上マチ子(松下由樹)のマンションからの帰りだった。結局、道子と義雄、和子は3人で食事することに。だが、義雄はマチ子から告げられた言葉に動揺し、気が気でない。食事が終わり、会計のためにレジに向かった義雄は、財布がないことに気付く。すぐにマチ子の部屋に忘れてきたと気付くが、とっさに会社に忘れてきたとごまかした。そこへ、マチ子からメールが届き、翌日、義雄は宅配便で送ってほしいと返信。それに対して、マチ子は認知してくれなくても子供は産むとメールしてくる。
 その夜、道子は今日が産婦人科で調べてもらった排卵日で、22時から24時の間が妊娠する確率が高いと言い、バスタオル一枚の姿で義雄に迫る。その頃、マチ子は考える時間が欲しいという義雄からのメールを読んで、怒りを覚えていた。
 そんな中、道子は和子の付き添いで、近藤慶(小泉孝太郎)の教室へ出かける。近藤は道子に、ポスターの書を見たと言い、いい字だったと賞賛。後日、近藤は新しい教室を開くので、道子に講師を務めてほしいと告げ、さらには日展への応募も勧める。
 一方、マチ子のことを相談するため、小柳新吾(石田純一)と小料理屋で会った義雄は、恋人だと言って娘ほどの歳の伊藤マユミ(福田沙紀)を紹介され、驚く。どうしたら、マチ子が子供を生むのをあきらめてくれるだろうと言う義雄に、小柳は男からそれを望まれていないと知ったら、あきらめてくれる可能性もあると告げるのだが…。
 そんなある日、義雄は外回りから会社に戻る途中、かつての愛人だった大澤千鶴子(高岡早紀)とばったり再会する。

キャスト

浅井道子(31) … 米倉涼子
野上マチ子(34) … 松下由樹
       ○
沖中和子(38) … 杉田かおる
小柳新吾(50) … 石田純一
近藤 慶(26) … 小泉孝太郎
       ○
伊藤マユミ(18) … 福田沙紀
野上俊也(21) … 和田正人
椎名千明(25) … 宝積有香
小柳良子(24) … 金子さやか
大澤千鶴子(33) … 高岡早紀
       ○
浅井朋子(61) … 江波杏子
浅井義雄(41) … 石黒 賢

ほか

スタッフ

■原作
 有吉佐和子
 『不信のとき』(新潮社刊)

■演出・プロデュース
 林 徹

■音楽
 石田勝範

■制作
 フジテレビドラマ制作センター

オススメ番組