危険なアネキ

第5回 2005年11月14日(月)放送 あらすじ

小さな悪魔がやって来た

 皆川寛子(伊東美咲)が、置手紙を残して宮崎に帰ってしまった。ホッとするはずの勇太郎(森山未來)だが、自分が寛子に言い放ってしまった言葉が原因かと少し気にかかっている。勇太郎以上に心配しているのが、武田育夫(高嶋政伸)と田村愛(榮倉奈々)。また寛子をスカウトした『ブルーベルベット』の矢沢俊也(金井勇太)もガッカリ。
 そんな店に寛子を必死に探す男たちが来る。借金取りの田中(荒川良々)と市橋(おかやまはじめ)だ。二人は、借金を踏み倒されたら大変と店長の鎌田鉄男(鈴木浩介)に寛子の行方を問いただすが、寛子の行方は誰にも分からなかった。
 そんなある日、勇太郎のアパートに武田と愛が来ていた。ついに我慢できなくなった武田は、寛子を探しに宮崎へ行くと立ち上がる。勇太郎が必死に止めていると…いつの間に戻ったのか“2005ミスポンカン娘”のたすきをかけた寛子が玄関にVサインをして立っているではないか。みんなの心配をよそに、寛子は4年に一度のコンテスト出場のために宮崎に帰っていたとアッサリ。勇太郎があきれ返っていると、寛子の後ろから皆川麻実(美山加恋)と名乗る女の子が出てきた。勇太郎も武田も寛子の娘と思い絶句。実は麻実は寛子たち姉弟の親戚の娘で、小さい頃に別れた父親に会うため、上京したのだった。
 可愛い麻実は武田と愛に大好評。しかし、アパートに残った麻実は、勇太郎に命令するわがままぶりを発揮し始める。勇太郎は、父親に会ったらすぐに麻実を宮崎に帰すようにと寛子に約束する。
 しかし、麻実のメモを頼りに訪ねた場所に父親はいなかった。武田と愛は、そんな麻実に同情し、病院内でも麻実は、中村拓未(平岡祐太)や患者たちに可愛がられる。そんな麻実を北村さおり(釈由美子)はいつになく優しいまなざしで見つめていた。
 それからも、麻実の父親はなかなか見つからなかった。勇太郎に対する麻実の傍若無人ぶりはさらにエスカレート。その一方で、田中たちは必死に寛子を捜すのだが、すれ違いばかり。そして二人は、勇太郎の病院などにも顔を出し始め、そのせいで勇太郎が借金しているという噂が、病院内に広まり始める。病院で同僚の医師や患者たちからも妙に優しくされる勇太郎は、さっぱり訳が分からない。愛からも手作り弁当をもらうのだが果たして喜んでいいのやら。
 一方、武田は麻実の父親が勤める会社を突き止めた。寛子は清掃業のアルバイトとして会社に潜入し、父親の住所を聞き出す。寛子と武田は、その住所へと麻実を連れて行くことに。その頃、ついに田中たちが勇太郎の元へと現われ…。

キャスト

皆川寛子(28) … 伊東美咲
皆川勇太郎(25) … 森山未來
北村さおり(27) … 釈 由美子
田村 愛(18) … 榮倉奈々
中村拓未(24) … 平岡祐太
野口小春(33) … 濱田マリ
矢沢俊也(21) … 金井勇太
斑目 潤(37) … 佐藤二朗
小宮美耶子(?) … 清水ミチコ
鎌田鉄男(33) … 鈴木浩介
里見亮輔(25) … 城咲 仁
皆川麻実 … 美山加恋
田村伸一(62) … 児玉 清
武田育夫(39) … 高嶋政伸

ほか

スタッフ

■脚本
 金子茂樹
 林 民夫

■プロデュース
 後藤博幸

■演出
 松山博昭

■音楽
 河野 伸

■制作
 フジテレビドラマ制作センター

オススメ番組