よろず占い処 陰陽屋へようこそ

第11回 2013年12月17日(火)放送 あらすじ

さよなら祥明 インチキ占い師の最後

瞬太(知念侑李)は祥明(錦戸亮)の叔母・咲月(山田麻衣子)の息子であることが判明。覚悟を決めた源次郎(杉良太郎)は、瞬太出生の秘密を祥明に語り始める。
翌日、槙原(駿河太郎)が、祥明の祖母・春代(香山美子)を連れて陰陽屋へやって来る。安倍家の跡継ぎは見つかったのかと催促する春代に、まだだと答える祥明。しかし、そこに現れた瞬太を見て何かを察した春代は、「書庫の片付けのバイトに」と瞬太を安倍家へ呼び出す。祥明は瞬太が妖狐だとばれないよう、路子(倉科カナ)に同行を依頼する。
その頃、瞬太の家に“王子に化け狐の少年がすむ”という記事を書いた雑誌記者が、押しかけてくる。事態を聞いた珠希(柏木由紀)が祥明を連れて行くが、あろうことか祥明は「化け狐を退治する儀式を独占取材させてやる」と、記者に対して提案。商店街のメンバーたちは色めくが、実は瞬太を守るためのワナだと聞き、皆で協力してウソの儀式を執り行うことに。
しかし、儀式の直前、槙原が「祥明が裏切ろうとしている!」と血相を変えて商店街のメンバーのもとに駆け込んできた。祥明は、本当は瞬太が化け狐だとバラすつもりだというのだ。いざ儀式が始まると、祥明の唱える呪文が練習と違うことに気付き、一同は騒然となる!
祥明の狙いはいったい何なのか?そして、祥明が最後に下した決断とは…?

スタッフ

【原作】
天野頌子「よろず占い処 陰陽屋」シリーズ(ポプラ社 刊)

【脚本】
黒岩勉

【演出】
土方政人(共同テレビ)ほか

【プロデュース】
豊福陽子(関西テレビ)
稲田秀樹(共同テレビ)
小林宙(共同テレビ)

【音楽】
井筒昭雄

【制作】
関西テレビ

【制作著作】
共同テレビ

オススメ番組