よろず占い処 陰陽屋へようこそ

第3回 2013年10月22日(火)放送 あらすじ

見つけたら1億円!?消えた遺言状のナゾ

『上海亭』を陥れた犯人だと勘違いして、商店街のメンバーが陰陽屋に連れてきたのは、祥明(錦戸亮)の幼なじみ・槙原(駿河太郎)だった。祥明の正体を明かそうとする槙原をなぜか必死で制する祥明。すると翌日、槙原は再び陰陽屋へやって来て、バイト先の後輩・宮内夏央(波瑠)の相談に乗ってやってほしいと持ちかける。ひと月ほど前に亡くなった祖母の遺言状を探してほしいというのだ。最初は興味のなさそうな祥明だったが、広い田畑を持ち、一人暮らしをしていた祖母の遺産が相当なものだと聞くや、がぜんやる気を見せる。弁護士が発表した祖母の遺言は、『“本物の遺言状”は一番大切なものの中にある。探し出した親族に全財産を譲る』というもの。期日までに見つけられなければ、遺産はすべて慈善団体へ寄付されるらしい。夏央の叔父・叔母らは、遺産を独り占めしようと血まなこになって遺言状を探しているという。
遺言状の期日当日。祥明と瞬太(知念侑李)とともに、路子(倉科カナ)もなぜか、祥明の口車に乗せられ、群馬へ向かうことに。祖母の家は既に遺産目当ての親族らが荒らしており、それでも遺言状はまだ見つかっていないという。路子と瞬太は必死で探し始めるが、祥明はなぜか、「身を清める」と言ってのこのこと温泉に出かけてしまう。時間は刻一刻と過ぎる中、果たして遺言状は見つかるのか?祖母が遺した言葉の本当の意味とは…?

スタッフ

【原作】
天野頌子「よろず占い処 陰陽屋」シリーズ(ポプラ社 刊)

【脚本】
黒岩勉

【演出】
植田泰史(共同テレビ)ほか

【プロデュース】
豊福陽子(関西テレビ)
稲田秀樹(共同テレビ)
小林宙(共同テレビ)

【音楽】
井筒昭雄

【制作】
関西テレビ

【制作著作】
共同テレビ

オススメ番組