よろず占い処 陰陽屋へようこそ

第10回 2013年12月10日(火)放送 あらすじ

元ホスト占い師、人妻を誘惑する

ある日、祥明(錦戸亮)のもとに路子(倉科カナ)の父・寛和(中村まこと)がやって来る。25年前、「一流の小説家になる!」と大口をたたき、源次郎(杉良太郎)の反対を押し切って、路子を身ごもった照子(横山めぐみ)と結婚したが、全く芽が出ず、以来、夫婦そろって源次郎とは絶縁状態。ところが最近、照子が源次郎のことをいまだに気にしているのを知り、源次郎に結婚を認めてもらえれば親子関係が修復できる、と祥明に相談に来たのだった。照子が大事に取ってある、16年前に届いた「ゲンジロウ・キトク」と書かれた謎の手紙から「パンジーの匂いがする」という瞬太(知念侑李)の言葉を聞いた祥明は、源次郎と照子の親子関係修復に全力を尽くすことに。
さっそく路子の実家に出向いた祥明は、「家にとりついたたたりに、寛和も影響を受けている」と言い出し、寛和を陰陽屋に閉じ込めてしまう。祥明から「一人前の小説家になれば、源次郎に結婚を認めてもらえる」とたきつけられた寛和は、小説大賞に応募するため執筆に没頭する。一方で祥明は家のたたりをはらうためと称し、照子を毎日のように連れ出してぜいたくざんまいさせるという策に出る。とまどう照子に「あなたにはその権利がある」と誘い出す祥明…。
いよいよ明日が小説の締切という日。「俺は動かねえ」という頑固な源次郎に、祥明は「この人のために明日は陰陽屋に来てほしい」と、あるものを差し出し…。
一方、街にはジャーナリストの乗鞍(テイ龍進)がやって来て、「王子に化け狐の子供がいるとネットで話題になっている」と、瞬太の周りをかぎまわっていた。
ついに、瞬太の妖狐姿がスクープされてしまうのか!?源次郎と娘夫婦とのわだかまりは?そして16年前の手紙の差出人はいったい誰…?

スタッフ

【原作】
天野頌子「よろず占い処陰陽屋」シリーズ(ポプラ社刊)

【脚本】
黒岩勉

【演出】
土方政人(共同テレビ)
ほか

【プロデュース】
豊福陽子(関西テレビ)
稲田秀樹(共同テレビ)
小林宙(共同テレビ)

【音楽】
井筒昭雄


【制作】
関西テレビ

【制作著作】
共同テレビ

オススメ番組