よろず占い処 陰陽屋へようこそ

第1回 2013年10月8日(火)放送 あらすじ

元ホスト占い師、含み笑いで謎を解く?

東京都北区王子の下町風情ただよう商店街。
高校1年の沢崎瞬太(知念侑李)は、担任の只野路子(倉科カナ)から留年確実と宣告された帰り、占い好きの母親・みどり(南野陽子)に連れられて新しくできた怪しい占いの店『陰陽屋』を訪れる。「開店記念で占い半額サービス」という、うさんくさい看板に警戒する瞬太。しかし、みどりは店主・安倍祥明(錦戸亮)のルックスと巧みな話術にすっかり魅了され、身の上相談を始める。息子の留年宣告を含め、近ごろ立て続けに不幸が起きていると話すみどりに、祥明は「すべて悪い霊のせい」と告げて除霊を行い、代金1万円を請求。あまりのインチキぶりに激怒した瞬太は、祥明に殴りかかる。しかし、その拍子に高価な占いの盆を割ってしまい、結果、店で雑用係のアルバイトをするはめに。

その夜、路子の祖父・内藤源次郎(杉良太郎)が営む居酒屋『狐火』では、商店街の面々が集まり、“ぼったくりの男”祥明の話題で持ちきりに。近くの神社の巫女・鮎川珠希(柏木由紀)の証言で、祥明がかつてナンバーワンホストだったことも判明すると、路子の嫌悪感はますます強まり、商店街の面々は、『陰陽屋』の立ち退き運動を始めることを決意。

そんな中、『陰陽屋』に里見由実香(鈴木梨央)という9歳の少女がやって来る。祥明に父親の“狐つき”を治してほしいと頼む由実香。優しかった父親に狐がつき、母親に毎晩暴力を振るっているというのだ。乗り気ではない祥明だったが、ふいに店に現れた源次郎に促され、しぶしぶ里見家に向かう。すると突然、家の中から女性の叫び声が!祥明、瞬太、路子が踏み込むと、そこには思わぬ光景が広がっていた。

果たして“狐つき”の正体とは?そして、祥明はどうやって“狐つき”を解決するのか…?

キャスト

錦戸亮
倉科カナ
知念侑李Hey!Say!JUMP
柏木由紀
駿河太郎
 ・
宮川一朗太
濱田マリ
ふせえり
見栄晴
 ・
南野陽子
 /
杉良太郎

【1話登場人物】
戸次重幸
春木みさよ
鈴木梨央

スタッフ

【原作】
天野頌子「よろず占い処 陰陽屋」シリーズ(ポプラ社 刊)

【脚本】
黒岩勉

【演出】
土方政人(共同テレビ)

【プロデュース】
豊福陽子(関西テレビ)
稲田秀樹(共同テレビ)
小林宙(共同テレビ)

【制作】
関西テレビ

【制作著作】
共同テレビ

オススメ番組