よろず占い処 陰陽屋へようこそ

第9回 2013年12月3日(火)放送 あらすじ

ダメ学級の祟り 陰陽師、高校に乱入

祥明(錦戸亮)のもとに、路子(倉科カナ)の憧れの先輩で大学准教授の唐沢数彦(田中幸太朗)がやって来る。路子を自分の研究室に来ないかと誘った唐沢は、研究職に未練があるはずの路子が意外にも返事を迷っていると知り、困っていた。そこで祥明は、路子のために唐沢の誘いの吉凶を占うことに。しかし、良い結果が出たにもかかわらず、まだ路子は心が決まらないと言う。困り果てた唐沢から、路子の心の謎を解いてほしいと依頼される祥明。
ところが、学校へ向かった祥明は、教頭たちへのあいさつも早々に、路子のクラスのホームルームに乱入。「路子先生の心の謎が解けた」と告げ、「このクラスは盛大にたたられている」と言い出す。路子が転職を決断できないのは、今のクラスが落ちこぼれで、何をやってもビリだからだとたきつけられた瞬太(知念侑李)たちは、クラス対抗駅伝で1位をとり、路子を気持ちよく送り出そうと一致団結する。
一方その頃、祥明が王子にやってきたのは目が光る化け物を探すためだと聞いていた槙原(駿河太郎)は、瞬太にキツネの耳が生えているところを目撃し、祥明が瞬太の命を狙っているのではと、2人の動向をいよいよ注意深く観察していた。
ついに駅伝がスタートする。みどり(南野陽子)や吾郎(見栄晴)が見守る中、アンカーの瞬太はトップを快走。そこへ瞬太の身を案じて駆け付けた槙原は、瞬太の背中に怪しいお札が張ってあるのを目撃する!そしてゴール直前、誰も予想できなかった事件が起きてしまう…。果たして、瞬太らは路子に花道を用意することができるのか?祥明の不可解な行動の目的とは…?

スタッフ

【原作】
天野頌子「よろず占い処陰陽屋」シリーズ(ポプラ社刊)

【脚本】
黒岩勉

【演出】
土方政人(共同テレビ)ほか

【プロデュース】
豊福陽子(関西テレビ)
稲田秀樹(共同テレビ)
小林宙(共同テレビ)

【音楽】
井筒昭雄

【制作】
関西テレビ

【制作著作】
共同テレビ

オススメ番組