今週、妻が浮気します

第4回 2007年2月6日(火)放送 あらすじ

浮気される理由!?

 ハジメ(ユースケ・サンタマリア)は、アーリントンホテルの一室で、陶子(石田ゆり子)と彼女の浮気相手・春木(藤井フミヤ)と対峙する。ハジメは、Q&Aサイトでのアドバイスを思い出し、冷静さを保つよう自分に言い聞かせると、陶子と春木の姿を携帯電話のカメラで撮影した。証拠を押さえて事実関係をはっきりさせなければならないからだった。
 春木も既婚者であることを知ったハジメは、「あなたにとっては遊びなんですよね?」と彼に尋ねた。しかし春木は、すぐには答えなかった。陶子が指輪をはずしていることに気づき、動揺するハジメ。すると春木は、お互いに家庭を崩壊させるつもりで会っているわけではないのだからそういう意味では遊びになる、とハジメに答えた。が、続けて春木は、陶子に恋をしてしまったのは事実だ、と告白した。春木の言葉を聞いて頭に血が上ったハジメは、話し合いを続けることを拒否し、離婚しようと陶子に言い放つと、部屋の壁を殴りつけて出て行ってしまう。
 部屋を後にしたハジメは、ホテルまで同行してくれた轟(沢村一樹)と合流する。ハジメは、陶子に離婚を言い渡してきたことを轟に話した。離婚話を突きつけて外に出たら陶子が追いかけてくると思ったのに何も起きなかった、と力なく話すハジメ。轟は、そんなハジメを、とりあえず行きつけのバー『鴎外』に連れて行く。
 『鴎外』でハジメと轟が話していると、そこに至宝(西村雅彦)がやってくる。至宝は、ハジメが撮影した陶子と春木の写真を見ながら、法的手段に訴えるなら明確な情報が必要だ、と告げる。陶子たちが、いつからどのくらいの頻度で会っていたかといった情報がなければ相手の男に制裁を加えることができない、というのだ。するとそこに、玉子(ともさかりえ)や馬場(和田正人)たち『現代公論』編集部の面々がやってくる。ハジメは、その場から逃げるようにして店を出た。
 帰宅したハジメは、Q&Aサイトにホテルでの出来事を書き込む。するとそこに、突然ハジメの母・房子(大森暁美)がやってくる。世話になっている長女夫婦のケンカに嫌気が差し、出てきてしまったのだという。房子に問われ、息子の力(加藤翼)を迎えに行っていないことに気付いたハジメは、慌てて保育園に向かった。すると、力は陶子が迎えに来て連れて行ったらしい。陶子が力を連れ去ったのでは、とうろたえるハジメ。そこに房子から電話が入り、力が陶子と一緒に家に戻っていることが判明する。
 家に戻ったハジメは、再び陶子と顔を合わせる。陶子は、ハジメと話し合うために戻ってきたのだという。しかしハジメは、話し合いを拒否し、房子が帰ったら力を置いて出て行け、と陶子に告げる。
 あくる日、陶子と力は、房子と一緒に遊園地に出かける。房子が、絶叫マシンに乗りたい、と言い出したからだった。出社したハジメは、Q&Aサイトを開いた。するとそこには、ハジメの行動を賞賛する書き込みが数多く寄せられていた。その中に、プリンという女性から、「これで終わりではなくこれからが始まりなのだと思います。彼女の本心もわからないまま、あなたの本心も伝えないまま、このまま終わらせることがあなたの望みですか?」という書き込みがあった。プリンから、あたなに落ち度はなかったのか、と問われたハジメは、日ごろの自分の態度を思い出す。しかし、ハジメには、陶子を浮気に走らせるような落ち度は思い当たらなかった。
 するとそこに、雑誌『ボーノ』の編集者・工藤(矢柴俊博)が現れ、玉子が『現代公論』を辞めて大手出版社に移籍する、とハジメに告げる。

キャスト

堂々ハジメ(35) … ユースケ・サンタマリア
三枝陶子(35) … 石田ゆり子
泉 玉子(32) … ともさかりえ
轟 真一郎(36) … 沢村一樹
   ・
春木耀司(42) … 藤井フミヤ
   ・
河野恵介(32) … 鈴木浩介
馬場 敦(23) … 和田正人
蟻田ミキオ(30) … 宅間孝行
美濃部善男(46) … 皆川猿時
堂々 力(6) … 加藤 翼
   ・
小町ゆかり(50) … 江波杏子
   ・
至宝 勝(43) … 西村雅彦

スタッフ

■原案
 今週、妻が浮気します
  GoAhead&Co.著

■脚本
 吉田智子

■企画
 中島久美子(フジテレビ)

■プロデュース
 小椋久雄(共同テレビ)

■演出
 佐藤祐市(共同テレビ)

■音楽
 佐藤直紀

■制作
 フジテレビ
 共同テレビ

オススメ番組