今週、妻が浮気します

第3回 2007年1月30日(火)放送 あらすじ

愛と勇気の捜査線

 ハジメ(ユースケ・サンタマリア)は、妻の陶子(石田ゆり子)が結婚記念日を忘れて、ひとり息子の力(加藤翼)を連れて保育園のお泊り会に行ってしまったことを知る。この機会に陶子と話し合って何としてでも浮気を阻止しようと考えていたハジメは怒りが収まらず、インターネットのQ&Aサイトに、明日は浮気現場に乗り込んで相手の男を殴ってやる、と宣言する。
 あくる朝、目を覚ましたハジメは、再びQ&Aサイトを訪れる。するとそこには、ハジメの決断を支持する回答者たちからの書き込みが多数寄せられていた。その中で、プリンという女性回答者だけは、「感情のままに乗り込み、相手を殴っても何も生まれません。まずは子どものことを考えて、ギリギリまで修復の道を探るべきです」とハジメを諭す。しかし、そんなプリンの意見にも「話し合う時間はもうない」「話し合っても証拠がなければ浮気を認めないのでは?」「浮気がばれたとわかれば奥様は警戒を強めて、結局、浮気相手が誰かもわからなくなってしまうかもしれない」といった反論が浴びせられていた。陶子が相手と会うまであと数時間。ハジメがどう行動すべきか迷っていると、そこに陶子と力が帰ってくる。陶子は、朝食の用意をすると、支度を整えて仕事に出かけた。その間ハジメは、何をすればいいのかわからず、部屋の中をただうろついていた。
 出社したハジメは、朝まで飲んでいてそのまま会社に泊まっていた轟(沢村一樹)に声をかえられる。事情を知る轟は、ハジメたちが話し合う機会を持てなかったことを教えられると、こうなったらホテルに乗り込んで離婚届を突きつけるしかない、とハジメに告げる。
 一方、『現代公論』編集部では、玉子(ともさかりえ)や馬場(和田正人)たちが、同誌の冠試写会の準備に追われていた。ハジメが編集部に顔を出すと、妻の浮気問題を雑誌で特集しよう、と提案していた蟻田(宅間孝行)が、例のQ&Aサイトの話を切り出す。蟻田は、ハジメが書いた質問を見つけ、その盛り上がりに目をつけたのだ。蟻田や馬場たちは、質問を書いた当人が隣にいるとも知らず、口々に勝手なことを言い始める。そのやりとりを聞いていた玉子は、大事なのは夫自身がどういう決着をつけたいかだ、と主張する。
 そんな折、思わぬ事態が発生する。至宝(西村雅彦)の浮気を疑っている妻の君子(広田レオナ)が、ハジメを訪ねてやってきたのだ。至宝は、ハジメと打ち合わせがある、と嘘をついて愛人の菜月(吉田智美)と会っていたのだ。ハジメは、その場をなんとか取り繕うと、慌てて至宝に連絡を取るが…。
 そして陶子が男とホテルで会う時間が刻一刻と近づいていた…。

キャスト

堂々ハジメ(35) … ユースケ・サンタマリア
三枝陶子(35) … 石田ゆり子
泉 玉子(32) … ともさかりえ
轟 真一郎(36) … 沢村一樹
   ・
春木耀司(42) … 藤井フミヤ
   ・
河野恵介(32) … 鈴木浩介
馬場 敦(23) … 和田正人
蟻田ミキオ(30) … 宅間孝行
美濃部善男(46) … 皆川猿時
   ・
堂々 力(6) … 加藤翼
至宝君子(43) … 広田レオナ
小町ゆかり(50) … 江波杏子
   ・
至宝 勝(43) … 西村雅彦

スタッフ

■原案
 今週、妻が浮気します
  GoAhead&Co.著

■脚本
 吉田智子

■企画
 中島久美子(フジテレビ)

■プロデュース
 小椋久雄(共同テレビ)

■演出
 村上正典(共同テレビ)

■音楽
 佐藤直紀

■制作
 フジテレビ
 共同テレビ

オススメ番組