今週、妻が浮気します

第11回 2007年3月27日(火)放送 あらすじ

幸福の選択

 ハジメ(ユースケ・サンタマリア)は、妻の陶子(石田ゆり子)と正式に離婚した。陶子は、ひとり息子の力(加藤翼)を連れて実家に身を寄せる。
 ハジメは、仕事に打ち込むことで離婚のショックから立ち直ろうと決意する。ところがその矢先、思わぬ事態が起きた。現代公論社が、大手出版社の講学館に吸収合併されることになったというのだ。しかも、それに伴って『現代公論』は休刊になることが決定しているのだという。編集長の小町(江波杏子)は、広告主や作家への説明、契約等の処理を法務部の至宝(西村雅彦)と連携しながら進めるよう玉子(ともさかりえ)や轟(沢村一樹)らに指示すると、正式な休刊決定が出るまではいつも通り仕事を続けるよう命じた。しかしハジメは、『現代公論』の休刊は受け入れられない、と言い出し、講学館社長・斐川(佐戸井けん太)の元に掛け合いにいってしまう。
 ハジメが講学館に着くと、ちょうど斐川は外出するところだった。ハジメは、無礼を承知で斐川に走り寄ると、必ず部数を伸ばしてみせるからチャンスがほしい、と土下座して頼み込む。しかし斐川は、どの雑誌を続けるかは経営判断だ、と言ってハジメの申し出を取り合わなかった。
 あくる日、編集部にカメラマンの恵介(鈴木浩介)がやってくる。恵介は、恋人の亜里沙(MEGUMI)が元AV嬢だったことから両親に結婚を反対されていたが、ようやく説得することができたのだという。恵介たちから仲人を頼まれていたハジメは、陶子と離婚したことを恵介に告げる。ハジメ夫妻の後輩でもある恵介は大きなショックを受けながらも、結婚式には是非出席してほしい、とハジメに頭を下げる。
 同じころ、陶子は、書店で『現代公論』を手にする。いつものように、ハジメが書いている巻末の編集後記を読んだ陶子は、それをレジに持っていく。そんな陶子の姿を偶然見つけた玉子は、『現代公論』が休刊になることを話し、ハジメがそれを阻止しようと走り回っていることを彼女に打ち明ける。
 斐川の元に再び交渉に向かったものの、話も聞いてもらえなかったハジメは、迷った揚げ句、陶子に電話をする。次の休みの日に力に会わせてほしい、と頼むハジメ。それを快諾した陶子は、ハジメに休刊のことを尋ねようとして思いとどまる。その際ハジメは、陶子も恵介の結婚式に出席することを知る。
 あくる日、講学館で重役会議が開かれ、『現代公論』の廃刊も正式に決定する。ハジメは、ある覚悟を胸に、いきなり会議室に乗り込んだ…。

キャスト

堂々ハジメ(35) … ユースケ・サンタマリア
三枝陶子(35) … 石田ゆり子
泉 玉子(32) … ともさかりえ
轟 真一郎(36) … 沢村一樹
   ・
河野恵介(32) … 鈴木浩介
馬場 敦(23) … 和田正人
蟻田ミキオ(30) … 宅間孝行
美濃部善男(46) … 皆川猿時
堂々 力(6) … 加藤 翼
   ・
遠藤亜里沙 … MEGUMI
至宝君子(43) … 広田レオナ
小町ゆかり(50) … 江波杏子
   ・
至宝 勝(43) … 西村雅彦

スタッフ

■原案
 今週、妻が浮気します
  GoAhead&Co.著

■脚本
 吉田智子

■企画
 中島久美子(フジテレビ)

■プロデュース
 小椋久雄(共同テレビ)

■演出
 村上正典(共同テレビ)

■音楽
 佐藤直紀

■制作
 フジテレビ
 共同テレビ

オススメ番組