太陽と海の教室

第6回 2008年8月25日(月)放送 あらすじ

友達のSOSが聞こえますか?

 櫻井朔太郎(織田裕二)が教師を務める湘南学館で、ある問題が明らかになろうとしていた。榎戸若葉(北川景子)は、柴草修平(八嶋智人)から聞いてしまった湘南学館が抱える問題について、その真偽を校長であり母でもある長谷部杏花(戸田恵子)に尋ねる。すると杏花は、問題が事実であることを認め、辞任覚悟でそのことを教育委員会に告発するつもりだと若葉に言う。そして、自分がいなくなった後の残された生徒たちを託すために朔太郎を呼んだと告げた。
 そんなある日、白崎凛久(北乃きい)はホームルームで、学校伝統の祭り、日輪祭の実行委員長に選ばれる。迷惑がる凛久に、朔太郎は全てを任せると言う。その時、いきなり船木真由(前田敦子)が立ち上がり、あと39時間で地球が滅亡すると言い出し、悲鳴を上げて教室から出て行ってしまった。凛久は、真由が騒いだ時に落ちた本屋のレシートを拾い、買った本の題名に驚く。
 校庭に出た真由は、白線で円を書き、その中に寝そべった。朔太郎が話しかけると、真由は自分が気持ち悪くてブスだと両親から毎日言われていると語り、今の両親が本当の両親ではないと真由は続けた。
 言葉どおり、真由の両親は里親だった。真由の家を訪ねた朔太郎と若葉は、両親から意外なことを聞かされる。

キャスト

織田裕二
北川景子
岡田将生
北乃きい
濱田 岳
吉高由里子
冨浦智嗣
鍵本 輝
谷村美月
山本裕典
八嶋智人
戸田恵子
小日向文世

ほか

スタッフ

■脚本
 坂元裕二

■演出
 若松節朗
 谷村政樹

■プロデュース
 村瀬 健

■音楽
 服部隆之

■制作
 フジテレビドラマ制作センター

■制作著作
 フジテレビ

オススメ番組