太陽と海の教室

第5回 2008年8月18日(月)放送 あらすじ

優等生の反乱…明かされた秘密

 櫻井朔太郎(織田裕二)が担任する3年1組の優等生、澤水羽菜(谷村美月)と楠木大和(冨浦智嗣)が恋に落ちた。だが、心を通わせたと同時に、微妙なすれ違いも始まる。自分の心に一段落つけたとクールな大和に対し、羽菜は恋のスタートで受験勉強に対して感じていた疑問が一気に膨れ上がっていく。
 次の日、模試でトップテンに入った羽菜は全校集会のスピーチをさせられる。スピーチ用の原稿は、柴草修平(八嶋智人)から渡された。しかし、壇上に立った羽菜は渡された原稿を読まず、自分の言葉で勉強への疑問を問い始める。教師陣の制止も無視して、次々と疑問をぶつける羽菜。異変に気づいた根岸洋貴(岡田将生)たちも、羽菜を止めるよう側にいた朔太郎に頼む。だが、朔太郎は生徒たちに話を聞けと促し、壇上から強制的に降ろされる羽菜にただ1人で大拍手を送る。
 この日から、羽菜は朔太郎と長谷部杏花校長(戸田恵子)の擁護とは裏腹に、神谷龍之介理事長(小日向文世)たちから異端視扱いされてしまう。それでも、羽菜は清々した様子。逆に、羽菜は大和との恋を進めようとする。だが、大和には羽菜の一連の行為が理解出来なかった。そんな2人を見つめる朔太郎は…。そんな時、杏花が懸念する学園の問題も、ついに公になろうとしていた。

キャスト

織田裕二
北川景子
岡田将生
北乃きい
濱田 岳
吉高由里子
冨浦智嗣
鍵本 輝
谷村美月
山本裕典
八嶋智人
戸田恵子
小日向文世

ほか

スタッフ

■脚本
 坂元裕二

■演出
 若松節朗
 谷村政樹

■プロデュース
 村瀬 健

■音楽
 服部隆之

■制作
 フジテレビドラマ制作センター

■制作著作
 フジテレビ

オススメ番組