太陽と海の教室

第2回 2008年7月28日(月)放送 あらすじ

地球一熱い教師VS恋を金で売る女生徒!本気で好きなら胸を張って馬鹿になれ!!

 新担任、櫻井朔太郎(織田裕二)の生徒、屋嶋灯里(吉高由里子)に淫行疑惑が持ち上がる。淫行を糾弾する怪文書が見つかったのだ。その事実はないものの、灯里は高額のプレゼントをもらって7人の男と交際していた。灯里に想いを寄せる田幡八朗(濱田岳)や、根岸洋貴(岡田将生)、白崎凛久(北乃きい)、楠木大和(冨浦智嗣)、日垣茂市(鍵本輝)らは、怪文書を教師の目から伏せ、かばおうとする。だが、そんなことはものともせず、櫻井が首を突っ込んでいく。
 灯里に犯人探しを持ちかけられた八朗は、もらったものを返して謝れと勧めるが、灯里は自分の非を認めず立ち去ってしまう。そこに櫻井が現れ、八朗に灯里への無償の愛を示してやれと、ラブレターを書かせる。必死に書いたラブレターを八朗は灯里に渡すが、灯里はそれを読まずに捨てる。その頃、神谷龍之介理事長(小日向文世)たちに怪文書が発覚してしまう。自分が書いたと嘘をつく櫻井は、神谷から他校に移るようにと切り出される。
 放課後、灯里は交際中の男性の高級車に乗って行ってしまう。一方、凛久や洋貴らは受験勉強のために集ったものの、話は自然と灯里のことに。灯里への想いを断とうとする八朗。そんな彼らの元に櫻井が顔を出した時、八朗の携帯電話が灯里の電話を着信。無視しようとする八朗に、櫻井は灯里への想いがそんなものだったのかと切り込む。ようやく八朗が電話を受けると、悲鳴が聞こえるではないか。八朗は…そして、櫻井は!

キャスト

織田裕二
北川景子
岡田将生
北乃きい
濱田 岳
吉高由里子
冨浦智嗣
鍵本 輝
谷村美月
山本裕典
八嶋智人
戸田恵子
小日向文世

ほか

スタッフ

■脚本
 坂元裕二

■演出
 若松節朗
 谷村政樹

■プロデュース
 村瀬 健

■音楽
 服部隆之

■制作
 フジテレビドラマ制作センター

■制作著作
 フジテレビ

オススメ番組