シバトラ
~童顔刑事・柴田竹虎~

第9回 2008年9月2日(火)放送 あらすじ

刑務所潜入…驚愕の計画!

 柴田竹虎(小池徹平)は、横浜みなみ署の地下室で千葉さくら(真矢みき)と対峙すると、落合建夫(橋爪遼)が事件を起こす目的は「誰も信じられない世界を創ること」だと話していたと報告する。それを聞いたさくらは、竹虎にある映像を見せる。それは昨日の午後、落合が8年間服役した少年刑務所に面会に現れる姿を映したものだった。刑務所にいる仲間が落合が企てている計画に何か関係があるかもしれない、そうつぶやくさくらに竹虎は、それを探るために刑務所へ潜入させてくれと頼む。
 同じ頃、神奈川県警の警務部監察官室を訪ねた新庄徹(宮川大輔)は、応対した常盤遼子(井上和香)に、さくらの違法捜査に関する報告書を提出する。
 数日後、少年刑務所に潜入することになった竹虎は、さくらから落合が面会したのは若林(杉浦太雄)という男で、竹虎が入室する部屋と同部屋になるよう手配したと聞かされる。そして、竹虎の潜入は刑務所でも所長だけが知る極秘なものだ、とも。そして、いよいよ竹虎は刑務所に潜り込む。
 一方、古着店では、さくらから竹虎の潜入の件を聞いた藤木小次郎(藤木直人)が、宝生美月(大後寿々花)、白豚(塚地武雅)にそれを報告。少しでも竹虎の役に立ちたいと、独自に落合を追うことを決める。すると、いつの間にか来て話を聞いていた新庄が、落合がいた刑務所は問題児の溜まり場で、看守の少年に対する扱いがひどく過去には死者を出したと噂もあるほどだと教える。そして、覚せい剤入りキャンディーを作っていた場所が、小次郎たちが知る以外にもう1カ所あったと、住所を残していく。
 その頃、刑務所にいる竹虎は、同部屋の受刑者たちとともに正座をし看守・小杉(大河内浩)から点呼を取られていた。竹虎は、誰が若林か探ろうとするが、受刑者たちは番号で呼ばれるため、見つけ出せない。さらに、新入りということで、トイレで食事をさせられたり、「歓迎会」だと称して殴る蹴るの暴行を受けたりしていた。
 そんなある朝、整列していた受刑者のひとりが、小杉から姿勢について注意を受け警棒で叩かれる。受刑者はすぐに謝るが、小杉は激高し、執拗に叩き続ける。明らかに行き過ぎの暴力に我慢できない竹虎が止めに行こうとすると、何者かにそれを制される。“鬼神事件”の主犯として服役中の河東学人(大東俊介)だった。河東によれば、小杉は受刑者を人間だと思っておらず、狙われたら独房に入れられ拷問まがいの暴力を受けることになるという。しかも、若林へのいじめはすさまじく、いつか若林がキレて小杉を殺してしまうのではないかと噂になっていると教える。

キャスト

柴田竹虎(24) … 小池徹平

宝生美月(16) … 大後寿々花
白豚(23) … 塚地武雅(ドランクドラゴン)
        *
千葉さくら(40) … 真矢みき
        *
新庄 徹(32) … 宮川大輔
鮎川 環(23) … 南 明奈
        *
木下満男(38) … 今田耕司
南原貫太郎(27) … 内田 滋
宇崎 亨(20) … 聡太郎
宮城芽衣(24) … 近野成美
真鍋夕菜(23) … 松田珠希
        *
藤木小次郎(32) … 藤木直人

スタッフ

■原作
 「シバトラ」
 安童夕馬/朝基まさし
 (講談社 週刊少年マガジン連載)

■脚本
 武藤将吾

■企画
 立松嗣章(フジテレビ)

■プロデュース
 稲田秀樹(共同テレビ)
 柳川由起子(共同テレビ)

■演出
 佐藤祐市(共同テレビ)
 石川淳一(共同テレビ)
 岩田和行(共同テレビ)

■音楽
 菅野祐悟

■制作
 フジテレビ
 共同テレビ

オススメ番組