シバトラ
~童顔刑事・柴田竹虎~

第8回 2008年8月26日(火)放送 あらすじ

勇気…予測不能の脱出!

 柴田竹虎(小池徹平)は、町田リカ(末永遥)とともに樹海に連れて来られる。そして、竹虎らを拘束した芸能事務所の男たちが掘った穴に落とされ、埋められてしまう。
 同じ頃、宝生美月(大後寿々花)は、対峙する落合建夫(橋爪遼)から竹虎が命の危機に瀕していることを聞かされる。
 また、何者かに暴行され倒れていた藤木小次郎(藤木直人)と白豚(塚地武雅)は、ケガを負いながらも意識を取り戻す。
 古着店に戻った美月は、小次郎と白豚に竹虎が芸能事務所の男たちに連れ去られ、後を追おうとしたが落合に引き止められたと話す。そして、落合から竹虎の居場所を知りたければ、覚せい剤入りキャンディーの行方を追えと言われたことも明かす。
 その頃、横浜みなみ署にいた新庄徹(宮川大輔)は、千葉さくら(真矢みき)を排除する証拠となる報告書を、さくらの机で捜していた。それを見ていた鮎川環(南明奈)は、報告書が警察上層部に渡れば竹虎がクビになる可能性があることを不安に思う。
 竹虎の居場所の手がかりを得るため、小次郎らは芸能事務所に忍び込み書類などを調べ始める。すると、そこへ新庄がやってくる。いらついた態度で何をしているのかと聞く新庄に、美月は警察が竹虎の捜索をしようとしないから、自分たちで手がかりを探しているのだと怒りをあらわにする。
 その後、書類や資料を古着店に持ち帰ると、小次郎と白豚は店を出る。残された美月が資料を調べていると、リカを心配したクラスクラスメイトの楠木裕二(川野直輝)らがやってくる。美月が楠木らと再び書類を調べ始めると、キャンディーの加工をしていたと思われる工場の領収書を見つけ出す。美月は小次郎に電話をし、住所を告げる。小次郎と白豚は、事件の黒幕だと思われる芸能事務所の代表・金井正紀(木幡竜)がいると聞き、あるプールバーに来ていた。ところがそこに現れたのはへルタースケルターで、男たちは小次郎らを見ると襲い掛かる。
 小次郎たちをはめた金井らが、とあるマンションで高飛び計画を練っていると、そこに血だらけの小次郎が現れる。突然の来訪に驚く金井らを、小次郎は全身に怒りをみなぎらせ殴り倒す。そしてついに、竹虎が樹海に埋められていると聞きだす。古着店に戻った小次郎は、ひどいケガを負った白豚を残し、美月とともに竹虎の救出に向かおうとする。そんなところへ、さくらがやってきて…。

キャスト

柴田竹虎(24) … 小池徹平

宝生美月(16) … 大後寿々花
白豚(23) … 塚地武雅(ドランクドラゴン)
        *
千葉さくら(40) … 真矢みき
        *
新庄 徹(32) … 宮川大輔
鮎川 環(23) … 南 明奈
        *
木下満男(38) … 今田耕司
南原貫太郎(27) … 内田 滋
宇崎 亨(20) … 聡太郎
宮城芽衣(24) … 近野成美
真鍋夕菜(23) … 松田珠希
        *
藤木小次郎(32) … 藤木直人

スタッフ

■原作
 「シバトラ」
 安童夕馬/朝基まさし
 (講談社 週刊少年マガジン連載)

■脚本
 武藤将吾

■企画
 立松嗣章(フジテレビ)

■プロデュース
 稲田秀樹(共同テレビ)
 柳川由起子(共同テレビ)

■演出
 佐藤祐市(共同テレビ)
 石川淳一(共同テレビ)
 岩田和行(共同テレビ)

■音楽
 菅野祐悟

■制作
 フジテレビ
 共同テレビ

オススメ番組