シバトラ
~童顔刑事・柴田竹虎~

第3回 2008年7月22日(火)放送 あらすじ

裏切り僕は絶対許さない!

 本牧高校に潜入中の柴田竹虎(小池徹平)は、事情聴取をする楠木裕二(川野直輝)に、「鬼神」は自分が刑事であることを知っていると明かす。
 その翌日、竹虎は2年B組の教室で周囲から避けられているように孤立する武良広海(鈴木亮平)が気になっていた。そんなとき、パソコンで「鬼神」の掲示板を見ていた生徒たちが元担任で武良と仲がよかった溝口(唐渡亮)が、日本に帰ってきていると話しはじめる。すると、武良はそこにいた生徒たちを次々と殴り倒し、町田リカ(末永遥)のパソコンを床に叩きつける。ところが、竹虎のことは見逃すと言うと、教室を後にする。竹虎が毛利(倉貫匡弘)に武良の停学理由を尋ねると、学年主任・村川と体育教師・小笠原を殴ったことが理由だと教えられる。
 その日の夜、竹虎が古着店に戻ると、藤木小次郎(藤木直人)と白豚(塚地武雅)が2年B組にいると思われる「鬼神」を探し出す方法を模索していた。潜入は極秘捜査のため、たとえ肉親でも情報を知られてはいけない竹虎は困惑するが、ふたりは竹虎の名前を文字って“チーム・シバトラ”なんだからと、どこか楽しげな様子ではりきっている。そして、2階からは食事の準備ができたと、いつの間にか居候になっている宝生美月(大後寿々花)が下りてくる。
 翌朝、美月とともに登校した竹虎は、教室の黒板に「鬼神は武良!」などと書かれた文字を見る。どうやら、「鬼神」から村川をターゲットにするという指令があり、過去の経緯から武良が疑われているらしい。そこにやって来た武良は、自分が「鬼神」ならかっこいいだろうとうそぶく。竹虎がそれに反論すると、みんなを騙しているヤツが偉そうにと、小声ながらはっきりと言う。武良は、竹虎が刑事であることを知っているのだ。
 その頃、横浜みなみ署では、ガサ入れに行こうとする新庄徹(宮川大輔)が、竹虎を伴いたいと千葉さくら(真矢みき)に所在を尋ねるが、竹虎はほかの仕事があるからとはぐらかす。それを聞いた鮎川環(南明奈)は、先日の爆破事件のとき、学生服を着た竹虎が高校の屋上にいたことを思い出す。
 一方、高校にいる竹虎は、美月から武良の情報を得ていた。それによると、武良は幼い頃に両親を亡くし荒れていたこともあったが、高校で溝口に出会いボクシングに打ち込んだことで素行も落ち着いていたという。しかし、半年前に突然、溝口が高校を辞めて以来、武良は再び荒れ始めたのだと。
 そんなところへ、生徒の河東学人(大東俊介)から竹虎に連絡が入る。教室へ戻った竹虎に、河東らはやはり武良が「鬼神」だと言い、武良の机から見つけ出したというメモを見せる。そこには、1人目のターゲットは村川、2人目が小笠原、そして3人目が溝口だと書かれていた。金沢岳(三浦涼介)は、溝口に裏切られたと思っているのだから、復讐の最後にはこの上ない相手だと話す。すると、そこへ武良が来て、自分を疑うより転校生を疑ったほうがいい、善人ぶっているヤツほど平気で人を裏切るものだと、竹虎のことを言い…。

キャスト

柴田竹虎(24) … 小池徹平

宝生美月(16) … 大後寿々花
白豚(23) … 塚地武雅(ドランクドラゴン)
        *
千葉さくら(40) … 真矢みき
        *
新庄 徹(32) … 宮川大輔
鮎川 環(23) … 南 明奈
        *
木下満男(38) … 今田耕司
南原貫太郎(27) … 内田 滋
宇崎 亨(20) … 聡太郎
宮城芽衣(24) … 近野成美
真鍋夕菜(23) … 松田珠希
        *
藤木小次郎(32) … 藤木直人

スタッフ

■原作
 「シバトラ」
 安童夕馬/朝基まさし
 (講談社 週刊少年マガジン連載)

■脚本
 武藤将吾

■企画
 立松嗣章(フジテレビ)

■プロデュース
 稲田秀樹(共同テレビ)
 柳川由起子(共同テレビ)

■演出
 佐藤祐市(共同テレビ)
 石川淳一(共同テレビ)
 岩田和行(共同テレビ)

■音楽
 菅野祐悟

■制作
 フジテレビ
 共同テレビ

オススメ番組