無理な恋愛

第8回 2008年5月27日(火)放送 あらすじ

人間ドック再検査

 正午(堺正章)は誕生会に行けなかったお詫びを口実に、かえで(夏川結衣)を食事に誘う。快く返事をもらい喜ぶ正午だが、祥子(青木さやか)に人間ドックに行くように強く通告され、渋々人間ドックを受ける。一方、龍彦(徳井義実)はコンビニでアルバイトを始め、家事もこなし、かえでの言いつけを真面目に守っていた。それを聞いた律子(鈴木砂羽)は、正午というライバルが現れて危機感を持った龍彦は、母性本能に訴える作戦に出たのではと推察する。
 恋をして体も元気だと自信のあった正午だが、ポリープが見つかり意気消沈。精密検査のため入院が必要と言い渡された正午は、年寄りと思われたくない一心でかえでに急に出張が入ったとウソをついてデートをキャンセルする。そんな正午の行動を、保険の手続きで病室を訪れた光代(夏木マリ)に「昔から格好つけたがりだった」と言われてしまう。
 かえでがアルバイトする居酒屋に、龍彦と律子、水田(福田充徳)が集まった。水田は緊張した面持ちで、いつか映画監督になって、律子の主演映画を撮る夢が叶ったら結婚してほしいと、律子にプロポーズをする。それでは一生結婚できないと、茶化しながら涙をこぼす律子に、かえでも感極まってもらい泣きをしてしまう。
 別の日、水田のプロポーズを聞いて、かえでのことを考えながら歩いていた龍彦は、道で転倒して腰を強打し、病院に担ぎ込まれる。しかしそれは正午が入院している病院だった。病室に駆け付けたかえでは、龍彦に「前のいい加減な自分と、今の真面目な自分とどちらが好きか」と聞かれ、「どっちも嫌い、ということはない」と答える。
 矢代(田中圭)は朝子(小嶋陽菜)がデート中に正午の話ばかり聞きたがるのを不思議に思っていたが、朝子が正午の別れた娘だと知り絶句。矢代は正午と話をしようと病室を訪れると、ちょうどそこに圭介(尾美としのり)も見舞いにやって来た。意を決し、文平は朝子と付き合いたいと正午に言うと、正午ではなく圭介に責められてしまう。状況を理解できない文平に、正午は圭介が朝子の今のお父さんだと告げられ、文平は頭を抱える。
 翌日、病院内を歩いていた正午は、龍彦も同じ病院に入院しているのを目撃。かえでも見舞いに来るかもしれないと気づいた正午は、後退りし病室に戻ろうとして背後から来た人とぶつかってしまう。振り返るとそれはかえで本人で…。

キャスト

立木正午 … 堺 正章
長野かえで … 夏川結衣
東海林龍彦 … 徳井義実(チュートリアル)
門田祥子 … 青木さやか
矢代文平 … 田中 圭
水田一郎 … 福田充徳(チュートリアル)
田代和也 … 永田 彬(RUN&GUN)
姫野まどか … スザンヌ
小川朝子 … 小嶋陽菜
      ●
ケンちゃん … ムッシュかまやつ(友情出演)
      ●
小川圭介 … 尾美としのり
久保律子 … 鈴木砂羽
小川光代 … 夏木マリ

スタッフ

■脚本
 岡田惠和

■演出
 小松隆志

■プロデューサー
 安藤和久(関西テレビ)
 東城祐司(MMJ)
 浅井千瑞(MMJ)

オススメ番組