無理な恋愛

第1回 2008年4月8日(火)放送 あらすじ

胸はずむ出会い

 立木正午(堺正章)は団塊の世代ど真ん中。かつてグループサウンズのボーカルとして、『チャッピー』というニックネームで絶大なる人気を誇っていた。今はレコード会社の役員待遇プロデューサーに収まっているが、最近の音楽の流行にはついて行けず、後継者の菊原(坂口憲二)に仕事を譲ろうと考えている。
 長野かえで(夏川結衣)は、売れない女優として、仲間の律子(鈴木砂羽)、新人の姫野まどか(スザンヌ)とともに、再現ドラマディレクターの水田(福田充徳)に文句を言われながら、再現ドラマの女子高生役など望んでもいない仕事を受け続けていた。そして東海林龍彦(徳井義実)は、小説で賞を狙うと豪語しつつも小説を書く気配はなく、かえでと付き合ってはいるが、金が無くなってはあちこちの女の部屋に転がり込むイケメンの怠け者。
 そんな中、正午の60歳の誕生日パーティーが開かれる。まだ若いつもりでいた正午だが、部下の菊原や祥子(青木さやか)、矢代(田中圭)たちに赤いチャンチャンコを渡される。加えて、祥子からは独居老人呼ばわりをされて、正午は密かにショックを受ける。その帰り、かつてのバンド仲間・ケンちゃん(ムッシュかまやつ)が開くロックバーに寄った正午は、「もう恋をすることはないのかなぁ」と寂しい本音を漏らす。さらに、正午は離婚した元妻の光代(夏木マリ)と偶然再会。光代は12歳も年下の夫・圭介(尾美としのり)と再婚し、正午との間にもうけた娘・朝子(小嶋陽菜)も女子大の2年生になり、元気にしていると聞かされる。寂しさを募らせた正午は翌朝、風邪をこじらせてしまう。
 一方、かえでは生活費を稼ぐために居酒屋チェーンでバイトをしていたが、学生バイトの田代(永田彬)に「東京のお母さん」扱いをされて愕然とする。癒しを求めたかえでは、ペットショップで1匹の小犬に一目惚れ、購入し『チャッピー』と名付けることに。翌日、お金がなくなった龍彦がかえでの部屋を訪ねてきた。結局情にほだされて焼きそばを作ってやったかえでに、龍彦は時々一緒に暮らしたり、離れたりする束縛しない恋愛ができないかと提案。だがかえでは「私はもうそういう恋愛をする年じゃない」と断り、龍彦に部屋を出て行かせる。
 その頃、風邪で誰にも助けを求められない正午は、フラフラになりながら自力で薬や食料を買い、その帰り、公園にさしかかった。また、かえでもチャッピーを連れ、同じ公園で散歩していた。するとチャッピーが急に走り出す。追いかけようとかえではチャッピーを呼んだため、自分が呼ばれたと思った正午はバランスを崩し、池に落ちて気を失ってしまう。正午を助けたかえでは自分の部屋に連れて帰り、服を着替えさせて介抱してやる。そんなかえでに正午は、まるで天使のようだと恋をしてしまう。
 すっかり上機嫌で出社した正午に、祥子たちはすぐに恋だと気づく。正午は看病してもらったお礼にと、かえでに電話をかけて食事に誘う。かえでからOKの返事をもらった正午は喜びに満たされるが…?

キャスト

立木正午 … 堺 正章
長野かえで … 夏川結衣
東海林龍彦 … 徳井義実(チュートリアル)
門田祥子 … 青木さやか
矢代文平 … 田中 圭
水田一郎 … 福田充徳(チュートリアル)
田代和也 … 永田 彬(RUN&GUN)
姫野まどか … スザンヌ
小川朝子 … 小嶋陽菜
      ●
ケンちゃん … ムッシュかまやつ(友情出演)
      ●
小川圭介 … 尾美としのり
久保律子 … 鈴木砂羽
小川光代 … 夏木マリ

スタッフ

■脚本
 岡田惠和

■演出
 塚本連平

■プロデューサー
 安藤和久(関西テレビ)
 東城祐司(MMJ)
 浅井千瑞(MMJ)

オススメ番組