無理な恋愛

第2回 2008年4月15日(火)放送 あらすじ

彼女からの誘い

 正午(堺正章)はかえで(夏川結衣)が龍彦(徳井義実)に『正午を恋愛対象に見るのは無理』と話すのを聞いてショックを受けるが、かえでのことを諦められずにいた。そこで辞書を引いて、「無理」という単語には「強いて行なうこと」という意味もあると知り、かえでとの恋愛も出来なくはないと強引に解釈。そんな時、かえでから先日のお礼にと食事に誘われ、上機嫌になる。
 かえでの部屋には結局、龍彦が転がり込んでしまっていた。かえでは自分の意志の弱さに辟易としつつも、バイトを探すと宣言した龍彦に期待を抱く。そして龍彦にご褒美の食事を作っておくとメールを送るが、そのメールを重荷に感じた龍彦はたった1日でバイトを辞めてしまい、部屋に帰りづらくなる。電車に乗った龍彦は偶然乗り合わせた正午に席を譲る。よりによってかえでの恋人である龍彦に、生まれて初めて席を譲られて落ち込む正午だが、龍彦の人間性は見直す。
 正午はマイペースな龍彦に乗せられ飲みにいくことに。龍彦とかえでが一緒に暮らしているのを確認した正午は落ち込むが、女に束縛されるのは嫌だとこぼす龍彦に、それを我慢しても彼女を幸せにすることに喜びを見出すか、ちゃんと嫌われて別れるかのどちらかしかないと話す。そして「幸せにしてやれよ」と背中を押してしまう。龍彦はかえでも店に呼ぼうと電話をかけるが、帰ってこない龍彦に腹を立て、律子(鈴木砂羽)と料理を食べていたかえでは電話を切ってしまう。その間に勘定を済ませて店を出た正午は、なぜか龍彦を応援してしまった自分に呆れながら、やはりかえでのことが好きだと自覚する。
 翌日、まるで龍彦が着ていたような若い男性が着る服に惹かれた正午は、店に入って試着してみる。だがたまたまショッピングをしていた光代(夏木マリ)と遭遇し、からかわれた上にその服を買わされてしまう。さらに光代の今の夫である圭介(尾美としのり)とも対面し、ついには3人でお茶を飲むことに…。

キャスト

立木正午 … 堺 正章
長野かえで … 夏川結衣
東海林龍彦 … 徳井義実(チュートリアル)
門田祥子 … 青木さやか
矢代文平 … 田中 圭
水田一郎 … 福田充徳(チュートリアル)
田代和也 … 永田 彬(RUN&GUN)
姫野まどか … スザンヌ
小川朝子 … 小嶋陽菜
      ●
ケンちゃん … ムッシュかまやつ(友情出演)
      ●
小川圭介 … 尾美としのり
久保律子 … 鈴木砂羽
小川光代 … 夏木マリ

スタッフ

■脚本
 岡田惠和

■演出
 塚本連平

■プロデューサー
 安藤和久(関西テレビ)
 東城祐司(MMJ)
 浅井千瑞(MMJ)

オススメ番組