無理な恋愛

第3回 2008年4月22日(火)放送 あらすじ

彼女が家に来た!

 別れた妻の光代(夏木マリ)が、突然正午(堺正章)の会社にやってきた。生命保険の仕事を始めたので勧誘に来たのだという。もしかえで(夏川結衣)と結婚するなら、契約が変わるから早くした方がいいと言い出す光代に、正午は片思いなのだと打ち明け、保険の契約に関してある提案をする。
 かえでの家ではシャワーが壊れて水しか出なくなってしまった。それをきっかけに、かえでは龍彦(徳井義実)に出会ってから今日までの不満をぶちまけてしまう。龍彦は自分でシャワーを直すと言い張るが、悪戦苦闘の末、ますます壊れてしまう。
 その晩、仕事から慌てて帰ったかえでは龍彦を連れて銭湯に行くが、店には廃業の知らせが貼られていた。途方に暮れていると、ちょうど正午がタクシーで通りかかる。龍彦はかえでが看病した男が正午だと知り驚くが、風呂を借りるため、正午のマンションに2人して押しかけることになる。かえでは正午のお陰で龍彦と別れなくて済んだと話し、龍彦には「縁結びの神」呼ばわりをされ、正午は複雑な心境になる。かえでが作ったつまみで一緒にシャンパンを飲みながら、仲のよさそうなかえでと龍彦に切なさを募らせる正午だが、風呂が直るまでうちで暮らせばいいと言ってしまう。
 その頃、光代は圭介(尾美としのり)に正午の保険について話していた。正午の提案というのは、保険金の受取人を実の娘である朝子(小嶋陽菜)にしたいということだった。正午は圭介が嫌がるのではないかと気にしていたが、圭介は自分が正午よりも多額の保険に入ることを条件にOKする。
 かえでと龍彦を泊めてやっているせいで、正午は夜が更けても全く眠れずにいた。切なさのあまりベランダに出てため息をついていると、背後に人の気配がした。振り返るとそこにはかえでが立っていて…。

キャスト

立木正午 … 堺 正章
長野かえで … 夏川結衣
東海林龍彦 … 徳井義実(チュートリアル)
門田祥子 … 青木さやか
矢代文平 … 田中 圭
水田一郎 … 福田充徳(チュートリアル)
田代和也 … 永田 彬(RUN&GUN)
姫野まどか … スザンヌ
小川朝子 … 小嶋陽菜
      ●
ケンちゃん … ムッシュかまやつ(友情出演)
      ●
小川圭介 … 尾美としのり
久保律子 … 鈴木砂羽
小川光代 … 夏木マリ

スタッフ

■脚本
 岡田惠和

■演出
 小松隆志

■プロデューサー
 安藤和久(関西テレビ)
 東城祐司(MMJ)
 浅井千瑞(MMJ)

オススメ番組