無理な恋愛

第6回 2008年5月13日(火)放送 あらすじ

彼女の母が来た!

 祥子(青木さやか)から正午(堺正章)の恋心を聞かされたかえで(夏川結衣)は、律子(鈴木砂羽)に相談。正午のことは嫌いではないが、全くの予想外だったと正直な気持ちを話す。律子は、かえでに恋をしているのに龍彦(徳井義実)との仲を応援してくれるなんて、いい男だと正午を支持する。一方、かえでにキツイ言葉を浴びせられて落ち込む正午に、祥子は恋心を代弁して伝えたことを報告。かえでの反応を聞かされた正午は、自分が恋愛対象の範囲に入っていないことを再認識し、溜め息をつく。
 そんな時、≪チャッピー≫こと正午の大ファンであった、かえでの母・秀子(高畑淳子)が正午に会いたいと東京に押しかけて来た。かえでは迷惑がるが、連絡しないと親子の縁を切るとまで言われ、渋々正午に電話をかけ、3人でディナーをする承諾を受ける。正午に会うための服を買いたいと、かえでを伴い街を歩いていた秀子は光代(夏木マリ)と遭遇。実はザ・レインドロップスの追っかけとして有名だった2人は旧知の仲だったのだ。かえでが秀子の娘だと知って驚く様子から、かえでは光代も正午の恋心を知っていたと気付く。
 正午は祥子と矢代(田中圭)にこれまで浮ついていたことを詫び、かえでに対しては≪お母さんがファンだった人≫という役割を全うしてきっぱり諦めると宣言する。かえでと秀子が正午に指定された店に行くと、そこはライブハウスも兼ねたレストランで、秀子から連絡を受けた龍彦も来ていた。そこで正午はステージに立ち、思いを込めてザ・レインドロップスの曲を歌う。だが歌いながら、正午の頬に涙がこぼれているのを、かえでと龍彦は気づいていた。
 ディナーが終わり、ケンちゃん(ムッシュかまやつ)の店に寄った正午は、最初から無理な話だったと、恋が終わったことを報告する。秀子を帰した後、かえでは正午が自分に好意を持っているらしいことを龍彦に話す。それを聞いた龍彦は、「今1番しんどいのおっちゃんだから」と言って正午の部屋へ帰って行く。そして龍彦は、自分と正午の友情は変わらないし、恋愛でもいい勝負だと慰める。だが正午は、かえでにとっての自分と龍彦は恋愛対象であるかないかが決定的に違うと言い、今は1人にしてほしいと部屋を出て行ってもらう。
 それから暫くして、圭介(尾美としのり)が正午の会社にやって来た。朝子(小嶋陽菜)がオーディションを受けるから力になってやってほしいと言うのだ。朝子の履歴書を確認した正午は光代に電話をかけ、光代をカフェに呼び出す。そして光代は「ちょっときついことを言うよ」と前置きをして話し始める。そして、オーディション当日の朝を迎え…。

キャスト

立木正午 … 堺 正章
長野かえで … 夏川結衣
東海林龍彦 … 徳井義実(チュートリアル)
門田祥子 … 青木さやか
矢代文平 … 田中 圭
水田一郎 … 福田充徳(チュートリアル)
田代和也 … 永田 彬(RUN&GUN)
姫野まどか … スザンヌ
小川朝子 … 小嶋陽菜
      ●
ケンちゃん … ムッシュかまやつ(友情出演)
      ●
小川圭介 … 尾美としのり
久保律子 … 鈴木砂羽
小川光代 … 夏木マリ

スタッフ

■脚本
 岡田惠和

■演出
 小松隆志

■プロデューサー
 安藤和久(関西テレビ)
 東城祐司(MMJ)
 浅井千瑞(MMJ)

オススメ番組