僕だけのマドンナ

第6回 2003年8月11日(月)放送 あらすじ

#6 軽井沢の出来事

 鈴木恭一(滝沢秀明)は、中野隆志(小泉孝太郎)が片岡するみ(長谷川京子)に持った疑問を本人にぶつけてみた。長野という姓を持つこと、そして、結婚しているかもしれないこと…。するみの答えは、その疑問を肯定するもの…つまり、結婚していた。するみと別れて『ブルックリン・ハイツ』に帰った恭一は、結婚しているのに、なぜするみは本田義孝(緒形直人)に想いを寄せいているのかと悩んでしまう。
 悩む姿を覗いていた市ヶ谷翔(小堺一機)と大杉一馬(嶋田久作)に気づいた恭一は、2人を誘って松野しずえ(真矢みき)の店に飲みに行く。酔った恭一は、なぜか店にいた倉本正太郎(森本レオ)や居合わせた人々にするみが結婚していることを話す。恭一は、結婚しているするみがなぜ本田と島田理恵(小西真奈美)の仲を裂こうとしているのかが知りたいと続ける。だが、しずえと倉本は、恭一がするみの結婚を気にする理由は別にあると諭す。恭一が悩んでいるのは、恋した女性が結婚している事実なのだと。恭一は、納得できない。
 翌日、二日酔い気味で悩みも晴れない恭一だが、キチンと本田の事務所に出社。すると今村景子(島谷ひとみ)は、金魚がいなくなっていることに気づく。本田がするみと祭りで取ってきた金魚だ。隆志は、自分が本田からもらったと話す。そこに、館林伸吾教授(志賀廣太郎)が入ってきた。館林は、恭一たちのゼミ合宿の講師として招いた本田に挨拶をしに来たと言う。館林は、するみから「よろしく」と言われたと恭一と本田に伝える。話を聞いていた理恵は、喫茶店に恭一を呼び出した。理恵は、するみと本田の関係に不安を抱いている。理恵は、するみの存在が怖いと恭一に漏らした。理恵をここまで不安にさせるするみ。結婚していたするみ。恭一は、ゼミ合宿を期にするみへの想いを絶とうと決意。
 恭一たちのゼミ合宿は軽井沢に向けて出発。道中のバスで、明るく接してくる景子に、恭一は先日の決意を新たにする。その翌日から、本田が合流。ところが、合宿地の駅に降り立った本田の前に、するみが現われた。恭一のところに遊びに行くと言うするみと、少し困惑しながらも一緒に合宿所に向かう本田。そして、講義中の合宿所にするみは本田とともにやって来た。忘れようとしているのに…。恭一には、するみの行動がますます理解できなくて…。

キャスト

鈴木恭一(21) …滝沢秀明
片岡するみ(26)…長谷川京子
島田理恵(28) …小西真奈美
今村景子(21) …島谷ひとみ
中野隆志(24) …小泉孝太郎
松野しずえ   …真矢みき
大杉一馬    …嶋田久作
清水萌子    …松尾れい子
館林伸吾教授  …志賀廣太郎
倉本正太郎   …森本レオ
市ヶ谷翔    …小堺一機
    ・
本田義孝(34) …緒形直人

スタッフ

■プロデュース
高井一郎(フジテレビ制作センター)
■演出
永山耕三(フジテレビ制作センター)
澤田鎌作(フジテレビ制作センター)
■音楽
Sin(ポニーキャニオン)
■制作
(株)フジテレビジョン 制作センター

オススメ番組