僕だけのマドンナ

第4回 2003年7月28日(月)放送 あらすじ

#4 見られたキス

 鈴木恭一(滝沢秀明)は、片岡するみ(長谷川京子)に本田義孝(緒形直人)との2人だけの時間を作ってあげたことで落ち込み気味。嫉妬を感じる恭一は、本田からのオープンデスクの誘いも断るのだが…。大学でも落ち込んでいる恭一をオープンデスクが決まらないからと誤解した今村景子(島谷ひとみ)は、自分と中野隆志(小泉孝太郎)が赴く会社を紹介しようとする。断ってはみるが他にあても無い。結局、館林伸吾教授(志賀廣太郎)に景子と隆志と一緒の会社を紹介してもらう。しかし、それは本田の会社『本田&マルディーニ事務所』。なんだか、格好がつかない恭一。景子は、夏休みも恋人復活宣言をした恭一と一緒と大喜び。一方、恭一からその話を聞いたするみも大喜び。するみは、自分と本田の仲を取り持つためにスパイに行くことにしたんだと勝手に勘違いしている。
 夏休み前の最後の授業が終わった大学に、するみがまたしても現われた。景子の前で堂々と恭一を借りると言うするみ。景子も強気にどうぞとやり返す。景子の微妙な女心に気づかぬまま、するみに連れて行かれた恭一は、新たな指令を受け取ることに。それは『ブルックリン・ハイツ』の近所で近々行われる夏祭りに、本田と二人で行きたい。そのため、夏祭りの日に本田から島田理恵(小西真奈美)を引き離して欲しいというもの。
 どうしようもない指令に悩む恭一は『ブルックリン・ハイツ』の住人に相談するが市ヶ谷翔(小堺一機)と大杉一馬(嶋田久作)は相手にならない。恭一は、事情を知る松野しずえ(真矢みき)の誘いで彼女の店『エス』へ。景子の話しなどを『エス』でしずえに語った恭一は、かなり酔って今度はバイト先を訪ねて倉本正太郎(森本レオ)に相談するが、答えや良きアドバイスは得られなかった。
 そして、夏休みが始まった。恭一は、景子、隆志と一緒に『本田&マルディーニ事務所』でオープンデスクを開始。そんなある日、本田が理恵に祭りの話を持ち出した。するみから指令を受けている恭一は、2人の会話に過敏に反応する。本田は、次の土曜の祭りに理恵を誘うが仕事があると断られる。と、本田は祭りの話に反応していた恭一を誘う。まさか、するみの指令を話すことも出来ない恭一は、デートがあると断るのだが…。恭一の言葉に、今度は景子が反応していた。恭一は、するみに結果報告。浴衣を着ていくと気合が入るするみに、恭一の心境は複雑。
 祭りの日が来た。恭一も景子に祭りへ連れ出され、恭一と景子、するみと本田のお祭りデートがスタートした。

キャスト

鈴木恭一(21) …滝沢秀明
片岡するみ(26)…長谷川京子
島田理恵(28) …小西真奈美
今村景子(21) …島谷ひとみ
中野隆志(24) …小泉孝太郎
松野しずえ   …真矢みき
大杉一馬    …嶋田久作
清水萌子    …松尾れい子
館林伸吾教授  …志賀廣太郎
倉本正太郎   …森本レオ
市ヶ谷翔    …小堺一機
    ・
本田義孝(34) …緒形直人

スタッフ

■プロデュース
高井一郎(フジテレビ制作センター)
■演出
永山耕三(フジテレビ制作センター)
澤田鎌作(フジテレビ制作センター)
■音楽
Sin(ポニーキャニオン)
■制作
(株)フジテレビジョン 制作センター

オススメ番組