ヒミツの花園

第9回 2007年3月6日(火)放送 あらすじ

今、全てを話す

 航(堺雅人)から、家に出入りしないでくれと言われた夏世(釈由美子)は、花園ゆり子の担当を外されることに。片岡家には早速、新しい編集者・畑中(岸博之)がやってきて、兄弟たちに仕事をするように急き立てる。すっかり調子を狂わされた修(池田鉄洋)や智(要潤)はいなくなった夏世の存在の大きさに改めて気づく。
 その頃、航と田中(寺島進)は夏世の件について話していた。夏世を戻してはどうかという田中に、「夏世が頑張れば頑張るほど、自分たちに隠し事があるのが辛くなる」と、本音を語る航。そして、陽(本郷奏多)が20歳になるまでは、ヒミツを守り通すつもりだと…。
 ある日、出版社に智が訪ねてきて、みんな戻ってきて欲しいと思っている、と夏世に担当に戻るように頼むが、航に迷惑をかけたくない夏世は、頑として聞き入れない。
 その夜、夏世の家に陽、田中、亮子(真矢みき)がやって来る。仕方なく3人を家に上げ、鍋をつつきながらあれこれ話していると、今度は、航、修、智が陽を迎えに現れる。しかし、陽は兄たちの言うことを聞かずに、夏世の家に泊まると言い張り、家から出ようとしない。自分たちが心配してるのが分からないのかと怒る航に、「放っといてよ」と反抗する陽。そして、夏世を遠ざけるのは、本当のことを知られるのが嫌だからでしょ、自分はもう子供じゃないから、本当のことを話してくれと懇願する。
 意を決した航は、ついに隠し続けてきた四兄弟のヒミツを告白するのだった…。

キャスト

月山夏世(28) … 釈 由美子
片岡 航(33) … 堺 雅人
片岡 修(30) … 池田鉄洋
片岡 智(27) … 要 潤
片岡 陽(18) … 本郷奏多
        /
田中一郎(43) … 寺島 進
川村亮子(38) … 真矢みき

スタッフ

■脚本
 永田優子

■演出
 小松隆志
 他

■プロデューサー
 吉條英希(関西テレビ)
 遠田孝一(MMJ)
 伊藤達哉(MMJ)

■制作
 関西テレビ
 MMJ

オススメ番組