ヒミツの花園

第3回 2007年1月23日(火)放送 あらすじ

キス見ちゃった

 夏世(釈由美子)は、編集長から花園ゆり子の原稿に「ときめきが足りない!」と、書き直しを命じられる。少女漫画流の「ときめき」がイマイチ理解できないまま、夏世は花園のマンションへ。意を決して「胸キュンしないんです!」と、書き直しを頼むが、最近ときめいた経験のない夏世は、具体的な修正指示を出すことができない。
 困った夏世が頭をかかえていると、元上司の川村亮子(真矢みき)がやってくる。少女漫画を読んでも「胸キュン」しないという夏世に、そもそも、夏世の恋愛力が低いことが問題だと指摘し、ヒントを得るために花園と恋愛映画を観るのがいいとアドバイスする。
 たまたま電話をかけてきた智(要潤)を思わず誘った夏世は早速二人で映画を見に行くことに。
 そして、約束の日。映画を観た二人はそのままレストランへ。智から貧しかったという幼少時代の話や、兄弟四人で一緒に暮らす理由を聞かされた夏世は、何でも言い合える兄弟の存在をうらやましく思う。そんな二人を、外を歩いていた亮子が偶然見つける。そして、その亮子に気づいたのが、田中一郎(寺島進)だった。目が合った二人は、「…一郎くん?」「亮子…」と言ったまま、見つめ合う。
 そして食事を終えた智は夏世をマンションへと誘う。何だかいつもより優しい智に手招きされベランダへ行くと、眼下には美しい夜景が広がっている。感激しながらも寒さに手をこすると、智が自分のコートのポケットを広げて「どうぞ」と誘いをかける。とまどいながらも、手を入れる夏世。すると今度は、「目、閉じて」と智。ドキドキしながら夏世はそっと目を閉じる…。二人はいい雰囲気に!?

キャスト

月山夏世(28) … 釈 由美子
片岡 航(33) … 堺 雅人
片岡 修(30) … 池田鉄洋
片岡 智(27) … 要 潤
片岡 陽(18) … 本郷奏多
        /
田中一郎(43) … 寺島 進
川村亮子(38) … 真矢みき

スタッフ

■脚本
 永田優子

■演出
 小松隆志
 他

■プロデューサー
 吉條英希(関西テレビ)
 遠田孝一(MMJ)
 伊藤達哉(MMJ)

■音楽
 仲西 匡

■制作
 関西テレビ
 MMJ

オススメ番組