ヒミツの花園

第4回 2007年1月30日(火)放送 あらすじ

ハワイでケンカ

 片岡家では、修(池田鉄洋)がアロハシャツを着て浮かれていた。明日が、年に一度の家族旅行の日で、今年は兄弟四人で「ハワイアンセンター」に行くことになっているからだ。旅行とはいえ半日のことなのに、異常に盛り上がる修…。
 その頃、智(要潤)と陽(本郷奏多)にからかわれ、智とキスしそうになったり、突然、航(堺雅人)と抱き合うことになったりと、片岡四兄弟との予期せぬハプニングに、とまどいを隠せない夏世(釈由美子)は、片岡家に足を運ぶのも気まずくなっていた。大事な原稿の引き取りさえも、バイク便のライダー・拓実(山本裕典)に頼むありさま。しかしそれを知った田中(寺島進)から「今すぐ来い」と呼び出しの電話がかかる。
 夏世が、しぶしぶ片岡家へ着き、バイク便の件について田中からこっぴどく怒られていると、今一番会いたくない四兄弟が現れた。
 航と智は夏世を見てギョッとなり、ふたりを見た夏世も、思わず挙動不審に。その様子を見てニヤリとした修は、夏世がバイク便を頼み片岡家に来なかった理由をネチネチと問い詰める。
 田中から罰として四兄弟の経理帳簿の整理をさせられた夏世は、莫大な財産を持ちながらも、仕事の道具をせいぜい買うくらい、わずか半日のハワイアンセンターでの休息を唯一の楽しみにしている、という四兄弟の不憫さに気づく。すると兄弟に食事を振る舞おうと思いつき、食材を買い込むと、レシピ片手にぎこちない手つきで料理をはじめるが…。
 一方、リビングでは航、修、智が夏世をからかってキスをしようとした一件で、口論がはじまる。
 翌早朝、夏世が徹夜で領収書の整理を終えた頃、酒に酔った智が帰ってくる。「この間のこと怒ってんの?」と絡む智。「あれぐらいのことで怒りません」と、反論しながらも、ふつふつと怒りがわいてくる。その上、他の三人は原稿を描くのに忙しくしている中、智はいつも出歩いては女性にうつつを抜かしている自分を恥ずかしいと思わないのかと声を荒げる。夏世と智は口論になり智の怒りは頂点に…。しかも楽しみにしていた家族旅行の出発の時間はもうすぐに迫っていた。

キャスト

月山夏世(28) … 釈 由美子
片岡 航(33) … 堺 雅人
片岡 修(30) … 池田鉄洋
片岡 智(27) … 要 潤
片岡 陽(18) … 本郷奏多
       /
田中一郎(43) … 寺島 進
川村亮子(38) … 真矢みき

スタッフ

■脚本
 永田優子

■演出
 小松隆志 他

■プロデューサー
 吉條英希(関西テレビ)
 遠田孝一(MMJ)
 伊藤達哉(MMJ)

■音楽
 仲西 匡

■制作
 関西テレビ
 MMJ

オススメ番組