ヒミツの花園

第10回 2007年3月13日(火)放送 あらすじ

絶対叶わぬ恋

 花園ゆり子の担当に復帰し、兄弟たちと過ごせるようになった夏世(釈由美子)はうれしさいっぱい。兄弟たちも、夏世をからかいながらの賑やかな日常に喜びを感じていた。そんな中、夏世と航(堺雅人)もいいムードに発展。触発された修(池田鉄洋)は、憧れの美那絵(滝沢沙織)にデートを申し込み、あろうことかOKされてしまう。
 その頃、花園ゆり子のファンサイトで、花園ゆり子の盗作疑惑が持ち上がっているのを、陽(本郷奏多)が見つける。「盗作なんかしていない事は、俺たちが一番よく分かってるでしょ」と修。「そんなもの相手にするな」と航は激怒し、その場を去ってしまう。
 編集長から疑惑について聞かれた夏世は、航に確かめるが、例え創作に行き詰まり漫画が描けなくなったとしても、盗作はあり得ないと航は潔白を主張。夏世も納得する。
 夏世が仕事を終え片岡家を出ようとすると、智(要潤)に、「駅まで送っていく」と呼び止められる。ふたりで駅までの道のりを歩いていると、航が若い女性と口論しているのを目撃。と、突然、その女性・みすず(松岡璃奈子)が、航に抱きつく。これを見た夏世はショックで、その場を立ち去る。そんな夏世を追ってきたのは、航ではなく智だった。智は夏世を後ろから抱きしめ、ずっと秘めてきた夏世への想いを告白するが…。
 そんなある日、兄弟の父の暗い過去が週刊誌にスクープされる。そこには航がほかの兄弟にも隠し続けていた衝撃の事実が明かされていた…。

キャスト

月山夏世(28) … 釈 由美子
片岡 航(33) … 堺 雅人
片岡 修(30) … 池田鉄洋
片岡 智(27) … 要 潤
片岡 陽(18) … 本郷奏多
        /
田中一郎(43) … 寺島 進
川村亮子(38) … 真矢みき

スタッフ

■脚本
 永田優子

■演出
 小松隆志
 他

■プロデューサー
 吉條英希(関西テレビ)
 遠田孝一(MMJ)
 伊藤達哉(MMJ)

■音楽
 仲西 匡

■制作
 関西テレビ
 MMJ

オススメ番組