ヒミツの花園

第8回 2007年2月27日(火)放送 あらすじ

兄弟が壊れる時

 夏世(釈由美子)が、花園作品のドラマ化がダメになったことを四兄弟に謝っていると、テレビを見ていた陽(本郷奏多)が、「花園ゆり子の正体、バレちゃった」とつぶやく。なんと『少女の夢を壊した人気漫画家!花園ゆり子の正体は男だった!』という話題がワイドショーで放送されているのだ。
 困った夏世が、編集長・田丸(田中哲司)に相談すると、正体がバレてしまった以上、四兄弟が表に出てイメージアップを図る方がいい、夏世が担当するコミック誌「チャーミー」で、花園ゆり子のインタビューを載せた特集記事を組むことを提案。早速、四兄弟を口説きにやってくる。誤解されたまま黙っているのはよくないという夏世に、航(堺雅人)は、この騒動が収まるならと、一度だけ取材に応じることを約束する。
 撮影当日、亮子(真矢みき)が助っ人としてやってくる。四兄弟のプロデュースを任された亮子は、「久しぶりに腕が鳴るわ~」と、ノリノリモード。ヘアメイク、スタイリストに指示を出し、兄弟たちを次々とイメージチェンジさせ、写真撮影を開始。
 そして、1週間後『緊急特集 花園ゆり子のすべて』を載せた「チャーミー」が発売に。これで騒動も落着するかと思われたが、特集が大反響を呼び、花園のマンションにはファンが押し寄せ、外出しようとした智(要潤)は、取り囲まれてしまう。「チャーミー」編集部にも、取材オファーが殺到。田丸は大喜びだが、兄弟たちに「取材は一回きり」と約束していた夏世は困惑する。 
 後日、夏世が兄弟たちに状況を説明すると、意外にも智は乗り気で、スケジュールを調整してみると言う。修(池田鉄洋)は、自分にトークライブの依頼が来ていると聞き上機嫌に。
 ところが、その後、夏世は航から、取材を断るようにと言われる。そもそも一度だけの約束だったうえ、自分たちの仕事は漫画を描くことだからと釘を刺され、「これ以上、あいつらをあおるような真似、しないでください」と怒られてしまう。
 その頃、修はトークライブに出かけると言って、浮かれていた。航は仕事を心配するが、締め切りの近い原稿があるにも関わらず修は出て行ってしまう。しかし、修が戻ってきたのは、深夜だった。トークライブの様子を嬉しそうに話す修に、航は怒りをあらわにする。
 すると、修は「花園ゆり子としてじゃなく、片岡修として生きたいんだよ!」と、本音をぶつける。それを聞いた航は、「……お前、あの事忘れたのか?」と確かめるような口調で尋ねる。それは15年前のある出来事のことだった…。

キャスト

月山夏世(28) … 釈 由美子
片岡 航(33) … 堺 雅人
片岡 修(30) … 池田鉄洋
片岡 智(27) … 要 潤
片岡 陽(18) … 本郷奏多
        /
田中一郎(43) … 寺島 進
川村亮子(38) … 真矢みき

スタッフ

■脚本
 永田優子

■演出
 小松隆志 他

■プロデューサー
 吉條英希(関西テレビ)
 遠田孝一(MMJ)
 伊藤達哉(MMJ)

■音楽
 仲西 匡

■制作
 関西テレビ
 MMJ

オススメ番組