花嫁とパパ

第6回 2007年5月15日(火)放送 あらすじ

別れてください

 酔いつぶれた宇崎愛子(石原さとみ)は、鳴海駿一(小泉孝太郎)に背負われて家まで戻ってくる。その光景に、宇崎賢太郎(時任三郎)も三浦誠二(田口淳之介)も驚くが、鳴海は平然とした様子で事情を説明し帰ろうとする。賢太郎は、鳴海に愛子が迷惑をかけたことを詫びるが、愛子が未熟なのは賢太郎が子供扱いしすぎるせいではないかと、逆に指摘される。翌朝、二日酔いの愛子が、賢太郎に今後も仕事の付き合いで遅くなることもあると説明すると、あっさり納得。怒られると予想していた愛子は、拍子抜けする。
 愛子が会社につくと、賢太郎からの電話が鳴る。やけに他人行儀に話す賢太郎を不審に思っていると、「今日限りで子離れをする!」と宣言して一方的に電話を切ってしまう。
 一方、三浦から自分の母親に結婚をしたい相手がいると二人の交際について、きちんと話したことを聞いた愛子は、誠実な三浦の態度に喜ぶ。愛子は、賢太郎にそのことを伝えようとするが、子離れしたから距離をとらなければならないと話を聞こうとしない。
 翌日、愛子に、三浦の母親・房江(田島令子)から電話がかかってくる。仕事で東京に出て来ているから、愛子に会いたいと言うのだ。早速、夕方に約束をし、ふたりはホテルのロビーで待ち合わせる。高価そうな和服を着こなした房江に愛子は緊張するが、わざわざ自分に会いに来てくれたことが嬉しい。ところが、房江は、息子は愛子とは結婚できないのだと言うのだった…。

キャスト

石原さとみ
田口淳之介(KAT-TUN)
  *
小泉孝太郎
白石美帆
滝沢沙織
忍成修吾
西原亜希
佐津川愛美
浅野和之

和久井映見
  *
時任三郎

スタッフ

■原作・脚本
 いずみ吉紘
 小川智子

■監督・演出
 佐藤祐市(共同テレビ) 
 石川淳一(共同テレビ)

■音楽
 佐橋俊彦

■制作
 フジテレビ
 共同テレビ

オススメ番組