GTO(2012年)

第2回 2012年7月10日(火)放送 あらすじ

2年4組担任外し始動!鬼塚VS危ない不登校女子

明修学苑の2年4組の担任教師となった鬼塚英吉(AKIRA)は、クラス委員の相沢雅(川口春奈)から不登校のクラスメート、葛城美姫(西内まりや)を助けてほしいと頼まれる。快諾した英吉は、意気揚々と美姫の家へ向かう。
葛城家に到着し、玄関チャイムを鳴らすが応答はない。しかも、ドアの鍵が開いており、中から女の子のすすり泣きが聞こえてくる。不審に思った英吉が、部屋の中に足を踏み入れると、服を破かれた美姫が顔を伏せて泣いていた。驚き、美姫に駆け寄った瞬間、大勢の警官が乱入。弁解する余地もないまま、英吉は拘束され、留置所に送られてしまう。これは、警察署長の父親を持つ美姫が、父親から渡されていた緊急通報ボタンを悪用して、英吉を罠に掛けたもので、雅の指示によるものだった。
美姫から英吉逮捕の連絡を受け、2年4組の生徒たちが、謀略の成功に沸く中、上原杏子(新川優愛)が「やり過ぎ」だと苦言を呈し、「英吉がいままでの教師とは違う気がする」と主張。そんな杏子に対し、雅が「『あの事』、忘れたわけじゃないよね?」と意味深な言葉で詰め寄る。杏子は返す言葉を失ってしまい…。
一方、英吉が逮捕された事を知った、2年4組の副担任の冬月あずさ(瀧本美織)は、教頭の内山田ひろし(田山涼成)と学年主任の山王丸浩子(ふせえり)と共に、理事長室へ。「学苑始まって以来の不祥事だ」とわめき散らす内山田をよそに、理事長兼校長の桜井良子(黒木瞳)は、冬月に英吉の引き取りを依頼する。
冬月と共に警察署を後にした英吉だったが、学苑には戻らず、親友の弾間龍二(城田優)が働くカフェへ。そこで、2年4組の吉川昇(中川大志)と親友で警察官の冴島俊行(山本裕典)から、一連の出来事は美姫の仕業だと聞かされるが、「とにかく、美姫を登校させる」と気に留めない。
翌朝、何事もなかったかのように登校した英吉に驚く生徒たち。雅を美姫の親友と信じて疑わない英吉は、雅に「美姫を一緒に説得してほしい」と依頼する。
待ち合わせ場所の公園に向かうと、そこには美姫しかおらず、「口先だけで、メンツや世間体のために関わられるのはうざい」と明かし、闇サイトで英吉に懸賞金を掛けたことを告白。英吉は、ゴルフクラブや金属バットなどの凶器を手にした男たちに囲まれてしまう。

キャスト

AKIRA
瀧本美織
山本裕典
高田翔(ジャニーズJr.)
森本慎太郎(ジャニーズJr.)
西内まりや
本田翼
宮崎香蓮
スギちゃん

田山涼成
城田優

黒木瞳

ほか

スタッフ

【原作】
藤沢とおる
「GTO」(講談社刊)

【脚本】
深沢正樹
ほか

【演出】
今井和久
ほか

【プロデューサー】
河西秀幸(関西テレビ)
山本喜彦(MMJ)

【音楽】
羽岡佳

【制作】
関西テレビ
MMJ

オススメ番組