結婚できない男

第10回 2006年9月5日(火)放送 あらすじ

女心がわからない!

 ある日のこと、現場で棟梁(不破万作)とつかみ合いになった信介(阿部寛)。いつものように摩耶(高島礼子)が棟梁をなだめて事なきを得るが、「沢崎さんがいなくなったらどうするんですか?」という英治(塚本高史)に「そんな仮定の質問に答えても意味がない」と言い放つ。だが、摩耶には大手のハウジングメーカーから引き抜き話が来ていたのだ。それを知った信介は、夏美(夏川結衣)とみちる(国仲涼子)とビアガーデンにいた摩耶の元に姿を現すが、お祝いムードの女性陣を前に、結局何も言えず終い。
 後日、中川病院に立ちくらみを理由に診察にやってきた信介。信介が摩耶を引き止めたいことを肌で感じ取った夏美だが、その理由とは設計に専念するためのトラブル処理。呆れる夏美に信介は「設計の仕事に専念するために分業体制を敷いているんです。トラブルの処理くらい、やろうと思えば出来るんです」と豪語する。だが、摩耶の祖母が亡くなってしまう。急遽、摩耶抜きで新しいクライアントの夫妻と打ち合わせをするが、信介の一言で夫婦の溝を深めてしまい、打ち合わせどころではなくなってしまう。
 夜、みちるが愛犬・ケンを散歩して帰って来ると育代(草笛光子)がマンションの前で信介を待っていた。みちるは信介の嫁探しに精を出す育代に、摩耶のことを推薦する。育代は、みちるの部屋にいる自分の姿に仰天する信介に、持って来た包みを防犯壁の下から差し出すと、みちるに「もう少し詳しいこと聞いていい?」と部屋の奥に消えていってしまった。
 摩耶は祖母の通夜に参列した夏美に、信介に引き抜き話を受けろと言われたことを打ち明ける。信介の本音が知りたい摩耶の様子に夏美は「OKすることにしたって言ってみたらどうですか」と助言。さらにみちるが「私、桑野さんのお母さんにお嫁さん候補にされそうだったんで、沢崎さんのこと推薦しちゃいました」と無邪気に報告してると、信介がやって来た。信介は摩耶に車で送ってもらうことになる。「引き抜きの話、受けようと思うの」という摩耶に、「お前の自由だし…」と言いながらも動揺が隠せない信介。はたして信介の本心とは…?

キャスト

桑野信介 … 阿部 寛
早坂夏美 … 夏川結衣
田村みちる … 国仲涼子
村上英治 … 塚本高史
中川良雄 … 尾美としのり
中川圭子 … 三浦理恵子
吉川沙織 … さくら
金田裕之 … 高知東生
西村千鶴 … SHEILA
桑野育代 … 草笛光子(特別出演)
沢崎摩耶 … 高島礼子

スタッフ

■脚本
 尾崎将也

■演出
 三宅喜重(関西テレビ)
 小松隆志(MMJ)
 植田 尚(MMJ)

■プロデューサー
 安藤和久(関西テレビ)
 東城祐司(MMJ)
 伊藤達哉(MMJ)

■制作
 関西テレビ
 メディアミックス・ジャパン

オススメ番組