結婚できない男

第6回 2006年8月8日(火)放送 あらすじ

融通きかなくて悪いか

 いつものビデオショップ。目当てのDVDが、長期間貸し出し中なことに釈然としない信介(阿部寛)は、タイミングの悪さに憮然としていた。ついつい返却されてきたDVDも目で追ってしまい、客から怪しまれることに。
 ある日、信介たちが新築現場で打ち合わせをしていると、隣のマンションに住んでいる八木(乃木涼介)という男性が「ベランダにこれが飛んで来たもので」とおがくずを持ってやって来た。「ああいうのをクレーマーって言うのか?」と英治(塚本高史)に話していると、その言葉を偶然八木に聞かれてしまう。「謝れ」という棟梁(不破万作)と信介は掴み合いになり、止めに入った八木の顔に、間違って信介の手が当たって状況はさらに悪くなってしまう。見かねた摩耶(高島礼子)は、八木がオーナーを務めるお好み焼き屋まで、お詫びに行くようにと念を押す。摩耶からの言いつけをどうしようかと思い悩んだ信介は、急な胃痛に襲われる。いつものように中川病院に診察に行ったところ、八木も夏美の患者だと知ることになる。それを知った信介は、お好み焼き屋へ夏美を誘う。八木の店にやって来た信介と何も知らない夏美。夏美にお好み焼きを焼くのを任せたものの、ついつい、いつものウンチクを連発。すっかり自信をなくした夏美に、信介は「出来ないなら、最初からそう言って下さい」と言うと、手慣れた様子でお好み焼きの形を整えてみせるのだった。そうして焼き上がったお好み焼きを食べていると、夏美に気づいた八木がやって来た。モジモジとしながらも結局、「申し訳ありませんでした」と頭を下げる信介。その帰り道、「要するに、1人で謝りに行くのが嫌で、私を誘ったんですね」という夏美に信介は応戦し、また口論になる。信介は、「たとえ常識から外れても自分を貫き通すことに価値があると思いますね」と持論を言い放つ。
 信介が八木に謝りに行ったことを知った摩耶は「ご褒美に新しい仕事」と有名なイラストレーター・結城(白井晃)の新築工事依頼を持って来た。新築にあたって顔合わせパーティーが開かれることになり、摩耶から女性を連れてくるように言い渡されてしまう。みちる(国仲涼子)を誘ってパーティーに出席した信介だが、結城の作品が趣味ではない上に、家に対するスタンスの違いに触れ、仕事のモチベーションは下がり気味。いざ作業に入るものの、いまひとつ気乗りしない。
 そんなある夜、マンション前で愛犬・ケンちゃんを散歩させていたみちると鉢合わせした信介は、みちるが結城のパーティーに出席して以来、しつこくメールで言い寄られていることを知り、我慢の限界に達し、仕事を降りると言い出す。

キャスト

桑野信介 … 阿部 寛
早坂夏美 … 夏川結衣
田村みちる … 国仲涼子
村上英治 … 塚本高史
中川良雄 … 尾美としのり
中川圭子 … 三浦理恵子
吉川沙織 … さくら
金田裕之 … 高知東生
西村千鶴 … SHEILA
桑野育代 … 草笛光子(特別出演)
沢崎摩耶 … 高島礼子

スタッフ

■脚本
 尾崎将也

■演出
 三宅喜重(関西テレビ)
 小松隆志(MMJ)
 植田 尚(MMJ)

■プロデューサー
 安藤和久(関西テレビ)
 東城祐司(MMJ)
 伊藤達哉(MMJ)

■制作
 関西テレビ
 メディアミックス・ジャパン

オススメ番組